妊婦さんの新婚旅行、国内のオススメスポット&宿を紹介‼

妊婦さんの新婚旅行、国内のおすすめスポット&宿を紹介!!

結婚して、初めての思い出作りといえば、やっぱり新婚旅行

とはいえ、授かり婚などの、結婚と妊娠の二つの幸せが同じ時期に訪れるというケースもたくさんあり、そんなご夫婦は「新婚旅行どうする?」「お腹に赤ちゃんが居るし、諦めようかな」なんて考えている方も結構多いんですよね。

ですが、妊婦さんだって、いくつかの注意点さえ守っていただければ、新婚旅行を楽しむことは出来ます!

それに、最近では、妊娠中の身体を優しく気遣ってくれるスポットや、マタニティプランが充実した宿も沢山あるんですよ♪

今回は、奥様が出産を控えたご夫婦がステキな思い出を作ることができるよう「妊娠中でも安心・快適に過ごせるスポット&宿」と「妊婦さんが新婚旅行に行くときに気を付けること」をご紹介させていただきたいと思います☆

Contents

妊婦さんにオススメの国内スポット

ここでは、妊婦さんでも気軽に足を運ぶことができるスポットをいくつかご紹介させていただきます。

新婚旅行の思い出作りにぴったりの場所ばかりなので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

真夏でも気候は満点♪【軽井沢】

妊娠中は、つわりなどで体調があまり優れない・・・という時も多いですよね。

そんな時にオススメなのが軽井沢!!

軽井沢は、避暑地としてもすごく有名な所なので、8月のとても暑い時期の新婚旅行でも、妊婦さんが快適に過ごすことができます☆

また、宿泊施設やショッピングを楽しめる場所が沢山あるというのも魅力!

引用:じゃらん

こちらはホテルグリーンプラザ軽井沢

軽井沢の豊かな大自然に囲まれた、温泉リゾートホテルです。

 あいぽん

自然いっぱいの美しい景色と、欧風な佇まいが見事にマッチして、インスタ映えもバッチリなステキな外観だわ♪

さらに!このホテルは、景色や建物の美しさだけでなく、マタニティプランもとっても充実してるんですよ~!

■特典
●妊婦さんへプレゼント特典付

①ナイティ(マタニティ用お部屋着)※1滞在につき1着
②フリース素材ひざかけ ※1滞在につき1つ
③ノンアルコール炭酸飲料350ml×2本
④ノンカフェインハーブティー(ティーバック)
※①~④のプレゼント内容は季節によって変わる場合がございます。予めご了承ください。
≪客室備品≫
☆空気清浄芳香器
☆マタニティ用ビーズ抱き枕
☆ウエストクッション

引用:ホテルグリーンプラザ軽井沢 公式HP

これなら、妊婦さんでも快適に宿泊することができ、ゆったりと旅の疲れを癒すことが出来そうですね!

そして、軽井沢でショッピングするなら、こんなところがオススメです☆

軽井沢プリンスショッピングプラザ

引用:PHOTOHITO

こちらは、以前ゴルフ場として使われていた土地に、新たに建てられたアウトレットショッピングモールです。

ファッションや生活雑貨、レストランなど、幅広いジャンルのショップが軒を連ねていて、店舗数はなんと190以上!!

リゾートとショッピングを同時に楽しむことができるなんてとっても嬉しいですね♪

お散歩がてら、いろんなショップを見て回ったり、カフェでのんびりお茶したり☆

そんなゆったりとしたひとときを満喫するというのも妊娠中の観光にはぴったりです。

また、つわりが続いていたり、お腹が大きくなってきた妊婦さんは、「あちこち動き回るのはちょっと・・・」という方もいらっしゃいますよね。

そんな方は、貸別荘で自然を満喫ながらのんびり過ごすというのはいかがでしょうか?

軽井沢貸別荘FURUYA しらかばテラス

引用:軽井沢貸別荘FURUYA しらかばテラス 公式HP

こちらは、6つの種類の貸別荘があり、自分の好みで選んで宿泊できる施設です。

別荘は一棟貸しで、バーベキューが出来るウッドデッキもついています☆

自然の中で美味しいお肉を味わえるなんて、最高ですよね!

また、こちらの貸別荘は、静かな山裾の盆地に建っているので、階段なども無く、玄関まで車で行くことができるんですよ♪

到着したらすぐにお部屋に入って休むことができるのも、妊婦さんにとって嬉しいですね!

海の幸と花火がすごい!【熱海】

相模湾を望める相熱海といえば、なんといっても新鮮な海産物ですよね☆

引用:徳造丸 海鮮屋 公式HP

こちらでは、新鮮な海産物はもちろん、「あわび串」「サザエ串」また、金目鯛煮魚で作った「海賊焼おにぎり」などが味わえます。

焼きたてアツアツの香ばしい1品を頬張って、海の幸の旨味を存分に満喫しちゃいましょう☆

そして、熱海のもう一つの魅力は、1年を通して開催される花火大会!!

 

熱海海上花火大会は、1952年に始まった歴史のある花火大会で、夏だけではなく、年間を通して10回以上も開催されているんですよ!

会場となっている熱海湾は、3面を山で囲まれたすり鉢状の地形なので、海で上げる花火の音が反響し、 大きなスタジアムにいるような音響を感じることが出来ます。

夜空に美しく広がる花火や、水面に映る幻想的な花火、そして、フィナーレを飾る「大空中ナイアガラ」は、瞬きを忘れてしまいそうなほどの美しさです。

 

空いっぱいに広がったダイナミックな花火の数々・・・本当に美しいですね♪

実物を目の前で見れば、きっと一生忘れることのない、ステキな思い出になること間違いなしです☆

情緒ある街並みが魅力!【金沢】

金沢は、城下町ということもあり、昔ながらの風情が今でもたくさん残っている地域です。

ここでは、その中でも特にオススメな3つのスポットをご紹介します。

金沢城跡

江戸時代〝加賀百万石〟として名を馳せた加賀藩

その藩主、前田氏の居城だった金沢城は、今でも金沢を代表する観光スポットです。

引用:金沢城公園 公式HP

これまで、度重なる火災で建物の大半を焼失した金沢城ですが、平成に入ってから徐々に復元作業が進んで、平成8(1996)年、「金沢城址公園」として一般公開されるようになりました!

そして、平成20(2008)年には「金沢城跡」として国の史跡に指定されることとなったんです☆

兼六園

こちらは、前田家の5代・綱紀(つなのり)が、金沢城に付属して造らせた大名庭園です。

引用:兼六園 公式HP

その美しい風景から、のちに国の特別名勝にも指定され、ミシュランの観光ガイドでも3つ星の最高評価を得た、すごい庭園なんですよ~!

また、面積は約11.7ヘクタールもあってとっても広く、岡山市の後楽園、水戸市の偕楽園と並ぶ、日本の三大庭園の1つとして名を連ねています。

ちなみに、兼六園は、園内を歩いて鑑賞できる廻游式の日本庭園としても有名です。

ゆったりお散歩しながら、伝統ある美しい風景を味わえば、のんびりとした穏やかで素敵な時間を満喫できそうですね☆

茶屋街

こちらは、「ひがし茶屋街」といって、金沢の文化を代表する茶屋街の1つです。

引用:ひがし茶屋街 公式HP

格式のある割烹や、オシャレな町家カフェ、伝統工芸品などを扱うセレクトショップが立ち並び、金沢らしさがいっぱいのグルメやショッピングを楽しむことが出来ます。

また、その情緒溢れる古い街並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区にも選定されていて、日本人だけでなく、外国から来た観光客も多く訪れる、注目のスポットとなっているんですよ~☆

国からも認められた街並みって、すごいですよね!

一歩足を踏み入れると、昔の時代にタイムスリップしたような、懐かしくて暖かい雰囲気を感じることができそうです♪

妊娠中でも楽しめるテーマパーク☆【東京ディズニーランド】

妊娠中でも、テーマパークで遊びたい!という方もいらっしゃいますよね♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

あごキング(プリッとChannel)(@agoyuta)がシェアした投稿

東京ディズニーランドでは、そんな妊婦さんをしっかりとサポートしてくれる「ゲストアシスタントカード」というサービスが用意されています!

 

この投稿をInstagramで見る

 

NA-mama*🌻(@namam3)がシェアした投稿

ゲストアシスタントカードとは、病気の方や怪我をしている方、そして妊婦さんなど、介助サポートが必要な方を示す証明書のことです。

妊婦さんの場合は、立ちっぱなしで列に長時間並ぶというのは、体調悪化のリスクを考えると困難であることから、アトラクションに乗車するまでの待ち時間を、別の安全な場所で過ごすことができるというサポートが受けられます。

これなら妊娠中でも、体調に気遣いながらアトラクションを楽しむことが出来そうですね!

なお、こちらのカードは、東京ディズニーランドを来園する予定日の1ヶ月前から電話で予約することができ、無料で発行してもらうことが出来ます☆

チケットは購入していなくても、パークに行く日が決まっていれば予約できます。また、当日にエントランスで申請しても発行してもらえますディズニーリゾートに来園する日のみ使用可能です。

妊婦さんにオススメの温泉宿を紹介♪

移動や観光で疲れた体を癒すには、温泉にゆっくり浸かるのが1番ですよね♪

以前は〝妊娠中の温泉は控えるべき〟と言われていましたが、色々な研究によって、温泉=妊婦さんによくないという医学的根拠がないということが分かり、数年前から、妊婦さんも温泉に入ってOK!という考え方が広まってきています。

そのことから最近は、マタニティプランを充実させた温泉宿も、たくさん増えてきているんですよ♪♪

ということで、ここでは、妊婦さんが安心して、のーんびりとくつろぐことが出来るオススメの温泉宿をご紹介させていただきます☆

結びの宿 愛隣館 〈岩手県 花巻〉

結びの宿 愛隣館は、東北の中でも高い人気を誇る温泉地、「花巻温泉郷」にあって、岩手県では13年連続売上ナンバー1を誇る、人気の温泉旅館です。

引用:じゃらん

たくさんの緑と美しい豊沢川に囲まれた、落ち着いた雰囲気のステキな外観。
気候が良ければ、近くを散歩して、森林浴を楽しむというのもいいですね☆

そんな、結びの宿 愛隣館のマタニティプランは、こちらになります!

  1. お部屋は、新館の花かんむり
  2. 貸切風呂45分サービス
  3. お食事は、妊婦さんに配慮して提供してくれる
  4. 当日キャンセルもOK!

マタニティプラン1【お部屋は、新館の花かんむり】

引用:じゃらん

和の雰囲気が漂う、とっても広々とした落ち着いた空間。
ここなら、移動や観光で疲れた体もゆっくり癒せそうですね♪

また、お布団は、チェックインの時に敷いてくれているので、いつでも気軽に休むことができます。

お腹の大きな妊婦さんのために、大き目のクッションも用意してくれているので、自分の楽な姿勢で横になることが出来るのも嬉しいですね☆

マタニティプラン2【貸切風呂45分サービス】

こちらは、内湯と信楽焼陶器風呂(半露天)の2種類の浴槽が楽しめる貸切風呂です。

引用:愛隣館 公式HP

貸切なので、もちろんパートナーと一緒に入ることもできちゃいます☆
お二人でのんびりとお湯につかって、日頃の疲れを癒してくださいね♪

また、こちらのお風呂は、事前予約が必要です!
ネットで宿泊予約をされる方は、予約完了後、直接お電話でお問い合わせください。

貸切風呂「ちゃっぷん」
当日:14時~21時最終スタート、翌日:7時~11時最終スタート

愛隣館 0198-25-2619 【受付時間 9:00~19:00 (年中無休)】

 

マタニティプラン3【お食事は、妊婦さんに配慮して提供してくれる♪】

マタニティプランの夕食は、花巻市の自慢の食材「プラチナポーク(白金豚)」をメインにした和善スタイルです!

宿泊するお部屋で頂くことができ、上げ膳据え膳の、特別なお食事タイムを満喫することが出来ちゃいます☆

引用:じゃらん

お肉にお魚、お野菜もたくさんあって、すごく美味しそう♪
栄養バランスも整っているので、お腹の赤ちゃんも喜びそうですね☆

ちなみに、このプラチナポーク、岩手県の特定の養豚場のみで取り扱われている品種で、出荷数がとても少なく、地元のレストランや直営店でしか食べることができない激レア食材なんです!

臭みが無く、芳醇な香りを堪能することが出来るので、あまりの美味しさに、口に入れた瞬間、思わず笑顔になってしまうこと間違いなしですよ☆

 新郎

こんな希少価値の高いお肉を味わうことが出来るなんて、とっても贅沢だね♪

 あいぽん

うん!そうだね♪
でも、もし食べられない食材があるときは対応してもらえるのかなぁ?
もちろんです♪
アレルギーがあったり、「妊娠中なので生魚は控えたい」などの要望があるときも、事前に連絡しておけば、しっかりと配慮してくれます☆

また、朝食は、和と洋、30種類以上のメニューが楽しめるビュッフェスタイル♪

こちらは、館内にある、石窯ダイニング「天神」というレストランで、朝7時~9時まで開催されています。(最終入場8:30)

引用:じゃらん

これもまた、美味しそうですね~!
種類がたくさんあって、どれから食べようかな~って考えるだけでウキウキしちゃいます♪

そんな愛隣館の朝食ビュッフェのオススメはこちら!

ふわふわ♪フレンチトースト
花巻野菜たっぷり!!フリッタータ

引用:じゃらん

どちらも石窯を使って本格的に焼き上げられた愛隣館の自慢のメニューです♪

ちなみに、フリッタータとは、簡単にいうと「イタリア版オムレツ」のこと。
花巻産のお野菜がたっぷり使われているので、栄養も満点です☆

このように、愛隣館のお料理は海の幸や、山の幸、季節の食材をふんだんに織り込んだメニューが沢山あります♪

美味しいものをいっぱい食べて、お腹の赤ちゃんに、たくさんの栄養をおくってあげましょう☆

マタニティプラン4【当日キャンセルもOK!】

妊婦中は、体調が変化しやすく、当日になって具合が悪くなってしまうこともあるかもしれません。

そんな時のために、愛隣館では当日朝8時までの連絡でキャンセル料が無料というシステムを設けてくれています。

これなら、もし妊婦さんが体調不良になって宿泊できなくなっても、キャンセル料を支払うこともなく、新たに日程を変更することができるので、とても安心です♪

愛隣館の魅力☆温泉がすごい!!

愛隣館は、ステキなお部屋に美味しいお食事、そして、妊婦さんを細やかに気遣ってくれる様々なサービスなど、どこをとっても素晴らしすぎる宿泊宿です。

ですが、愛隣館の魅力はこれだけじゃなく、温泉だって超すごいんです!

愛隣館の温泉は「川の湯」「山の湯」「森の湯」と呼ばれる、上質な3つの自家源泉を使用していて、岩露天風呂や立ち湯など、なんと17種類のお風呂を楽しむことが出来ちゃいます!

上質なお湯と、沢山の種類のお風呂を1度に楽しめるなんて、すっごく贅沢ですよね♪

ここでは、そんな愛隣館の温泉の魅力を、ちょっとだけお伝えしたいと思います☆

【川の湯】

目の前には豊沢川が広がっており、川のせせらぎと、森林の豊かな景色を堪能しながら温泉を楽しむことが出来ます☆

 

引用:愛隣館 公式HP

↑こちらは、天候によって、窓を全てオープンすることもでき、半露天風呂としても楽しめる内湯です。

新鮮な空気を味わいながら温泉に浸かることが出来るなんてとっても贅沢ですね☆

 

引用:愛隣館 公式HP

↑そして、こちらは川の湯の岩露天風呂。

青々とした木々に囲まれて、森林浴気分を味わえます♪
緑のマイナスイオンをたっぷり浴びて、リラックスした時間を満喫しちゃいましょう☆

【山の湯】

こちらは元々、「南部の湯」という温泉だったそうなんですが、2019年の7月に、リニューアルされ、新たに「山の湯」として生まれ変わりました。

デザインは、全体的にアースカラーがベースになっていて、綺麗な緑と、そこに吹き抜けるそよ風をイメージした、明るい雰囲気になっています。

引用:愛隣館 公式HP

↑こちらは、「満天の湯・星」と呼ばれる立湯露天風呂です。

水深が1m~1m30cmと少し深めに設計されており、プカプカとした浮遊感の中で、温泉を楽しむことができます。

水の中で、全身の力を抜いて浮かびながら過ごすのって、すごくリラックスできて良いんですよね~♪♪
わたしも、この温泉で、浮遊感を体感してみたいです!

引用:結びの宿 愛隣館 公式HP

↑山の湯の岩露天風呂です

半露天風呂となっており、夜になると、ライトアップされた園庭を見ながら入浴を楽しむことが出来ます。
ロマンチックで幻想的な風景にうっとりしちゃいそうですね☆

【森の湯】

四季折々の自然の風景を、木々を通して感じることが出来る温泉となっています。

引用:愛隣館 公式HP

信楽焼陶器風呂と呼ばれる、源泉100%かけ流しの1人用の露天風呂です。

湧き出してすぐの新鮮な源泉を独り占めできちゃうなんて、特別感があってワクワクしちゃいますね☆
]引用:結びの宿 愛隣館 公式HP

↑シルクバス「美白の湯」です。

お肌がスベスベになるだけではなく、ミクロ単位の小さな水の泡の中に身を置くことによって、癒し効果が生まれ、心身ともにリラックスすることが出来ます。

入るだけで美肌になれるなんて、女性にはすごく嬉しいですよね♪

私もそろそろ肌の衰えが気になる年齢なので、このお風呂に入って効果を体感したいです☆

このように、結びの宿 愛隣館は、マタニティプランが充実しているだけでなく、綺麗な景色やこだわりぬかれた温泉など、他にもたくさんの魅力があります。

美しい緑の景色と澄んだ空気を味わいながら、大切なパートナーとの幸せな新婚旅行を、ぜひこちらの宿で満喫してみてはいかがでしょうか♪

結びの宿 愛隣館(むすびのやど あいりんかん)
TEL:0198-25-2619 【受付時間 9:00~19:00 (年中無休)】
住所: 岩手県花巻市鉛字, 西 鉛 23
アクセス:東北自動車道 花巻南インターから約20分

吉祥KAREN〈静岡県 東伊豆〉

こちらは、相模湾のすぐそばの高台にあって和を貴重としたリゾートステイを楽しめる温泉旅館です。

引用:じゃらん

緑豊かな趣のある外観。
建物が、地面より高い位置に建てられているので、お部屋からの見晴らしもすごく良さそうですね♪

そんな吉祥CARENのマタニティプランはこちらです☆

  1. オーシャンビューを堪能♪お部屋は展望風呂付客室!
  2. 夕食はマタニティ限定コース☆さらに!「プレママ応援!アワビ料理」も1皿プレゼント
  3. ノンカフェインコーヒー&十六茶を1本サービス
  4. 体調不良によるキャンセル料を免除
  5. マタニティグッズを無料でレンタルできる☆

マタニティプラン1【オーシャンビューを堪能♪お部屋は展望風呂付客室!】

こちらのお部屋は、相模湾を一望できる絶景と、源泉かけ流しの天然温泉を、プライベートな空間で同時に満喫することが出来る、吉祥KARENイチオシの一部屋です☆

引用:吉祥KAREN 公式HP

御影石造りの浴室は、重厚感が漂うシックなデザイン。
大人な雰囲気が漂っていて、とってもステキですね♪

和モダンをモチーフにした客間とも見事にマッチした落ち着いた空間なので、景色を見ながらゆったりとしたひとときを過ごすことが出来ます☆

そして、吉祥KARENのお部屋の窓からは、運が良ければこんな景色も見れちゃうんですよ~☆

 

この投稿をInstagramで見る

 

masaco(@masa_cco)がシェアした投稿

すっごく幻想的で、美しいですよね☆
実はこれ、「ムーンロード」と呼ばれる自然現象なんです!

ムーンロードは、

  • 晴れの日
  • 満月の日とその前後の数日間

という2つの条件が重なった時に、海面が月明かりによって照され、そこに道ができたように見えるというもの。

しかも、このムーンロードを見ることができるのは、全国で、吉祥KARENを含めた数か所しかないんです!!

とってもレアですよね!!

なので、宿泊する日が満月の時期と重なった方は、夜になったらぜひ1度、海の方を眺めてみてください☆

ここでしか見ることの出来ない最高の景色に出逢うことができるかもしれませんよ~♪

マタニティプラン2【夕食はマタニティ限定コース☆さらに!「プレママ応援!アワビ料理」も1皿プレゼント!】

夕食は、このプラン限定のスペシャルコースとなっていて、葉酸などの、妊娠中の体に大切な栄養素を含んだ食材をふんだんに使ったお料理を、たくさん提供してくれます☆

妊婦さんと赤ちゃんを気遣ったメニューなんて、すっごく嬉しいですよね♪

そして、このコースには「マタニティフレンチ懐石コース」と「マタニティ鉄板コース」の2種類があり、自分の好みで選ぶことが出来ちゃいます!

引用:吉祥KAREN 公式HP

↑こちらは、マタニティフレンチ懐石コースにでてくるメニューの1つ「国産和牛もも肉のロティ― マデラソース」です。

上質なお肉と濃厚なソースが、絶妙なハーモニーを奏でてくれそうですね☆
とっても美味しそう♪

こちらのコースは、吉祥KAREN館内にある「フォーシーズン」というお店で頂くことができます。

旬の素材を使ったシェフの自慢の料理の数々を、ぜひ1度、堪能してみてくださいね☆

 

そして、こちらがマタニティ鉄板コース。

引用:吉祥KAREN 公式HP

お肉にお魚、お野菜がふんだんに使われていて、栄養バランスもバッチリなコースですね!
妊婦さんやお腹の赤ちゃんにも優しそうなので、たっぷり食べられそうです☆

ちなみに、こちらコースは、吉祥KAREN館内にある「青竹」というお店で頂くことができます。

とってもオススメなお店なので、よかったら足を運んでみてくださいね☆

 

妊娠中は、食べられないものや、赤ちゃんへの影響からあまり食べない方が良いものなど、食事にも色々と気を使わなくてはなりません。

ですが、吉祥KARENのマタニティコースなら、そんな妊婦さんの体に寄り添ったお料理を用意してくれるので、妊娠中でも安心して、心置きなく食事を楽しむことが出来ちゃいます!

妊婦さんへの思いやりがたくさん詰まったフルコースを、皆さんも、ぜひ食べてみてくださいね♪

また、夕食時に、プレママ応援メニューとして、「アワビ料理」を一皿プレゼントしてもらえるというのも魅力的♪

引用:吉祥KAREN 公式HP

肉厚で、今にも磯の良い香りが漂ってきそう☆

実は、妊婦さんがアワビを食べると、「目のキレイな赤ちゃんが生まれてくる」と昔から言われてるんですよ!

新鮮なアワビを思いっきり堪能すれば、生まれてくる赤ちゃんも、ますますキレイな澄んだ瞳の持ち主になっちゃいそうですね♪

また、翌日の朝ごはんは、和食と洋食があり、どちらかを選ぶことが出来ます!

引用:じゃらん

↑こちらは朝の和食メニュー「和食善」です。
吉祥KAREN館内にある「フォーシーズン」というお店で頂くことができます。

焼き魚に納豆、お味噌汁など、体に優しいメニューがいっぱいあるので、朝はあまり食欲がない・・・という方でも、美味しくいただく事ができます。

日本の古き良き朝ごはんという雰囲気なので、食べると心もホッと落ち着きそうですね♪

 

そして、朝の洋食メニューはこちら☆

引用:じゃらん

鉄板ブレックファーストです。
卵料理は、オムレツ・スクランブルエッグ・卵焼きの中から選ぶことができ、目の前の鉄板で焼いてくれます。

毎朝慌ただしく菓子パンを頬張っている私にとっては、朝から出来立てアツアツの朝食をゆっくり味わうことができるなんて、本当に夢のよう☆(笑)

他にも、ソーセージやフレンチトーストなどもあり、オシャレな朝食を思いっきり楽しむことが出来ちゃいます♪

鉄板ブレックファーストは、吉祥KAREN館内にある「青竹」というお店で頂くことができるので、リッチな朝ごはんを楽しみたい方は、ぜひ利用してみてくださいね!

マタニティプラン2【ノンカフェインコーヒー&十六茶を1本サービス】

赤ちゃんの発育が阻害されてしまう恐れのあるカフェイン。
妊婦中は、なるべく摂取を控えたいですよね。

吉祥KARENでは、妊婦さんでも気軽にティータイムができるよう、カフェインレスのコーヒーと十六茶を用意してくれています。

また、その他にも、

  • アフタヌーンティーご招待
  • 湯上りドリンク&ところてんをサービス
  • ロビーラウンジでコーヒー&紅茶のサービス
  • お休み前のスイーツ

などなど、妊娠中の方もそうでない方も一緒に楽しめる、ドリンク&軽食のサービスが沢山あります♪

パートナーとコーヒー片手にほっと一息つきながら、二人っきりの幸せなティータイムを、ぜひ楽しんでくださいね☆

マタニティプラン3【貸切風呂50分サービス】

こちらは、吉祥KARENの姉妹館、「つるや吉祥亭」の貸切風呂です。

ジェットバスと岩風呂の2種類があり、どちらのお風呂を利用するか、自分の好みで選択することが出来ます☆

引用:つるや吉祥亭 公式HP

どちらのお風呂もオーシャンビュースタイルで、朝・昼・夜と時間帯に応じて変わる海の表情を、心ゆくまで堪能することが出来ます。

ここでしか見ることの出来ない貴重な景色を見ながら温泉を満喫し、パートナーとのリラックスタイムを楽しみましょう♪

また、この貸切風呂を利用するには、事前予約が必要です!
宿泊予約の際に、お問い合わせください。

つるや吉祥亭 「貸切風呂50分無料」
ご利用時間 14:00~22:00、7:30~9:30
TEL 0557-23-1213

マタニティプラン4【体調不良によるキャンセル料は免除】

先程紹介した愛隣館と同じで、吉祥KARENでも、妊婦さんの体調不良で宿泊できなくなった場合、キャンセル料は頂かないシステムとなっています。

これなら、妊婦さんの具合が急に悪くなって、新婚旅行を中止せざるを得なくなった時でも、お金を払うことなく予定を変更できるので、とても安心です♪

マタニティプラン5【妊婦さんに優しいマタニティグッズを無料でレンタルできる☆】

吉祥KARENでは、妊婦さんが、より快適にお部屋で過ごすことができるよう、マタニティグッズを無料でレンタルしています。

そのラインナップがこちらです。

  • 抱き枕
  • ドーナツクッション
  • ひざ掛け
  • マタニティパジャマ

抱き枕は、妊婦さんが横になる時に楽な体制で休むことができるので、あるととっても便利です!

また、部屋に備えられている浴衣などは、妊婦さんにとって歩きにくく、冷えの原因にもなってしまうので、マタニティパジャマのレンタルはとっても助かりますね☆

ちなみに、こちらのレンタルサービスは、どのアイテムも数に限りがあるので、借りたいものがある場合は、ご予約の際フロントに直接お伝えください♪

吉祥KARENの温泉が美しすぎる!

吉祥KARENの温泉は、高台から相模湾や伊豆大島を望める構造になっていて、ここでしか見ることのできない絶景を見渡しながら、温泉を楽しむことが出来ます。

引用:吉祥KAREN 公式HP

海と空と緑が見事にマッチした、最高のロケーションですよね♪

こんなステキなお風呂なら、誰もがこの壮大な景色に圧巻され、感動すること間違いなしです!

さらに!お湯は2つの自家源泉から引いていて、すべて源泉かけ流しとなっています。

湧き出したばかりの新鮮な天然温泉を、いつでも堪能することができるのも魅力の一つです☆

ここでは、そんな吉祥KARENのステキな温泉をいくつかご紹介させていただきます♪

露天風呂【檜】

こちらは、檜の香りに包まれながら、極上の景色を堪能することができる露天風呂です。

引用:吉祥KAREN 公式HP

まるで海に浸かっているかのような錯覚を覚えてしまいそう!
ステキなお風呂ですね♪

また、こちらの露天風呂、晴れた日には、水平線を昇る朝日やムーンロードを見ることもできちゃいます!

引用:吉祥KAREN 公式HP

薄暗い景色の中で、ひときわ輝く朝日と水面を照らすその光・・・
なんて幻想的でロマンチックな光景なんでしょう!

こんなキレイな景色を大切な人と見ることが出来れば、この先ずっと忘れることのない、一生の宝物になりそうですね♪

和月の露天風呂

こちらは、自然の息吹を感じながら、温泉を楽しむがことができる露天風呂です。

引用:吉祥KAREN 公式HP

木漏れ日の優しい光や、小鳥たちのさえずり、そして、木々の間を吹き抜ける風、そんな四季折々の景色を、ぜひ堪能してみてくださいね♪

 

このように、吉祥KARENは、妊婦さんの体に寄り添った様々なサービスを提供してくれる、とても温かみのある温泉旅館です。

オーシャンビューの素晴らしい景色に癒されながら、大切なパートナーと幸せいっぱいなひとときをお楽しみください☆

吉祥CAREN(きっしょうカレン)
TEL:0557-23-1213
住所:静岡県賀茂郡東伊豆町賀茂郡東伊豆町奈良本1130
アクセス:

引用:吉祥KAREN 公式HP

妊婦さんの新婚旅行、どのタイミングがベストなの?

妊娠中、新婚旅行に行こう!って決めた時、1番最初に迷うのが「旅行に行く時期」ですよね。

妊婦さんの体調は、日々、変化しているので、タイミングを見定めるのが難しく、

 あいぽん

お腹の赤ちゃんが小さいうちに行ったほうがいいのかな?

 新郎

いやいや、赤ちゃんがお腹の中である程度大きく育ってからの方がきっと安全だよ。
なんて、パートナーと一緒に話し合われる方も多いのではないでしょうか。

実は、妊娠期間というのは、妊娠初期(0~15週)・妊娠中期(16~27週)・妊娠後期(28~31週)の3段階に分かれており、もし、妊婦さんが旅行をするなら、妊娠中期に行くのが1番良いとされています。

なぜなら、妊娠初期(0~15週)の場合だと、ホルモンバランスの急激な変化から、つわりがひどい方も多く、メンタル面でも不安定になりがちです。

また、この時期は流産の可能性も高いので、もし無理をして、大切な赤ちゃんに何かあったら大変ですよね。

そして、妊娠後期(28~31週)になると、今度はお腹がどんどん大きくなって、動くのがとっても大変になってきます。

立ち上がる時とかも、思わず「よっこらしょ!」なんて掛け声が自然と出てしまうほど(笑)
赤ちゃんを抱える体は想像以上に重たく感じられるようになってしまうんです。

歩き回るのはもちろん、長距離移動で座りっぱなしでいると腰や背中まで痛くなってしまったり・・・
また、むくみや頭痛などの様々な症状が起こってしまうことだって考えられます。

このような体調不良に襲われてしまったら、せっかくの楽しい新婚旅行も、喜びが半減してしまうかもしれませんよね。

 あいぽん

そっかぁ。だから妊娠中の旅行は、妊娠中期(16~27週)が最適って言われてるんだんだね!

そうなんです♪
この時期は、安定期とも呼ばれていて、16週頃からつわりが楽になってくる方も多く、流産のリスクもぐーんと低くなるといわれています。

それに、この時期なら、お腹もそんなに出てないので、妊娠後期に比べると、とっても動きやすいんですよ♪

安定期=安全と考えるのは要注意!!
先程も書いたように、妊婦さんの新婚旅行は妊娠中期に行くのがオススメです。
ですが、安定期に入ったからと言って油断は禁物!

妊娠中のからだはとてもデリケートなため、ささいなキッカケで体調が変化してしまうこともあり、無理をすると、体にどんどん負担がかかってしまいます。

そうなると、最悪の場合、お腹の張り出血などの、怖い症状を招いてしまうということにもなりかねません。

大切な赤ちゃんを危険にさらしてしまうなんて、絶対にイヤですよね!

このようなことにならないためにも、赤ちゃんがお腹にいる間は、体調が良くても絶対に無理をしないということを、妊婦さんにはどんな時でも意識していてほしいなって思います。

新婚旅行は一生に一度の大切なイベント。
お二人が、笑顔で幸せなひとときを過ごせるよう、「無理せずのんびり、ゆとりのある旅」をモットーに、旅行のプランを計画してくだいね☆

妊婦さんにはぜひ知っておいてほしい!お腹の張りについて

ところで、皆さんは妊娠中のお腹の張りって、どんなものかご存じですか?

お腹の張りといえば、普通は「最近ちょっと便秘気味でおなかが苦しいのよね~」とか、「ランチビュッフェで食べ過ぎてお腹がパンパンだわ~」みたいな感じを想像してしまいますよね。

でも、妊婦さんが感じるお腹の張りは、これらとは全く別の症状のことを指すんです。

どういうものなのか、あまりピンとこない方もいらっしゃるかもしれないので、ちょっとだけ説明させていただきますね☆

妊娠中のお腹の張りは、医学的には子宮収縮とも呼ばれ、〝お腹の張り〟とひとことで言っても、症状や原因には様々なものがあります。

引用:ゼクシィBaby

こちらは、お腹の張り・痛みの症状と原因を、妊娠の時期に分けて書いたものです。
もし、気になる症状が現れたときは、こちらの表も参考にしてみてくださいね!

ちなみに私の姉は、妊娠中に感じたお腹の張りは「下腹部が生理痛のように痛い」「いつもよりお腹が硬い感じがする」というような感覚と言っていました。

症状の感じ方も、妊婦さんによって、十人十色です。

このお腹の張りは、しばらく安静にして収まるようならばそれほど心配はいりませんが、30分以上張りが続いている・痛みが強くなったり出血を伴う場合は、お腹の中で何か異常がおきているサインかもしれません。

中には、「切迫早産」という診断が下されることもあり、速やかな医師の治療が必要となってくることもあるので、注意が必要です。

切迫早産は、いつ生まれてきても大丈夫と言われる37週よりも前に、本格的な陣痛がきてしまいそうな状態のこと。

実は私の姉も、1人目を妊娠中にいろいろと無理をし過ぎてしまい、この切迫早産を経験した妊婦のひとりです。

当時、妊娠32週でいつ陣痛が来てもおかしくない状態であることが分かり、先生に「あなた、即入院!!」と言われ、バタバタと車いすで病室に運び込まれてしまうという始末。

そこから数週間は絶対安静で、子宮収縮を抑える薬を24時間点滴し続けなければならなくなり、腕は、点滴の針の跡でボロボロになりました。

毎日毎日、「無事に出産できるのかな・・こんなことになってしまって、赤ちゃんに申し訳ない・・」って、不安と後悔に苛まれ、とても辛く悲しい日々を送ったのを、出産から10年以上経った今でも鮮明に覚えている、と言っていましたよ。

こんな経験を知っているからこそ、今この記事を読んでくださっている妊婦の皆さんには、悲しいマタニティライフを絶対に送ってほしくない!!と心から思っています。

だから、もし、お腹の張りを感じた時は、「そのうち治るだろうし大丈夫!」と無理をするのは絶対に避け、座って休んだり、横になったりして、自分の症状としっかり向き合うようにしてくださいね!

移動時間は短めに!

妊娠中の体は、妊娠前とは違い、とてもデリケートです。

それなのに、旅行先を何時間もかかるような場所に決めてしまうと、長時間の移動を強いられることになってしまい、妊婦さんに負担がかかってしまいます。

また、もしも遠い旅行先で体調が悪化してしまったら、馴染みの無い病院で治療を受けなければならず、すごく心細いですよね。

なので、妊娠中に新婚旅行に行くときは、休憩を入れても片道2~3時間以内で行けるぐらいの場所にするのが理想的です。

この時間内だったら、体への負担も少なくて済むし、万が一、旅行先で具合が悪くなった時でも、かかりつけの病院まで戻ってくることができるので、妊婦さんにとって、とても安心です。

移動手段は、どんなものがある?

ここでは、妊婦さんが新婚旅行へ行く際ときの移動手段を、いくつか提案させていただきます。

どの方法にも、メリットや注意点があるので、それを踏まえたうえで、自分に合った移動手段をチョイスしていただけたらと思います☆

自動車でのんびりと♪

自家用車やレンタカーは、自分のペースでのんびりゆったりと目的地に向かえるので、妊婦さんにはオススメの移動手段です。

ですが、自動車で移動する際にも、妊婦さんにはいくつかの注意点があるので、以下を参考にして頂けたらと思います

妊婦さんが自分で運転するのは危険!

妊娠中は、ホルモンバランスが乱れやすいので、反射神経も鈍くなってしまいがち。

そのため、眠気やだるさが強く出ることもよくあります。

特に、体調が悪い時などは、注意力が散漫になりやすく、思わぬ事故につながってしまうなんてことにも。

妊娠中に、大けがをして、妊婦さんや赤ちゃんが命の危機にさらされてしまったら・・・と考えると、本当に怖いですよね。

なので、車の運転は、パートナーなどにお願いし、妊婦さんは、助手席や後部座席でリラックスして過ごすようにしましょう♪

シートベルトはしっかり着用する!

お腹が大きくなってくると、シートベルトをしたときに締め付けられる感じがして、「赤ちゃん苦しくないかな・・・」って心配になってしまいますよね。

だからといって、シートベルトを付けずに車に乗ると、急ブレーキがかかった時に体が前に倒れて、ダッシュボードなどにお腹をぶつけてしまう可能性もあり、とっても危険です!!

万が一、事故に遭ってしまった時でも、しっかりとお腹の赤ちゃんを守れるように、シートベルトは必ず着用するようにしましょう☆

ちなみに、お腹が大きくなってきた妊婦さんがシートベルトをするときは、以下の方法で着用していただくと、お腹への圧迫感も軽減され、負担もかけにくくなるので、ぜひ試してみてくださいね♪

  1. 腰に通すベルトは、お腹の下に回す
  2. 肩から通すベルトは、胸から脇に抜けるように通す

 

それでも「やっぱり着け心地が気になるわ~」という方は、マタニティシートベルトというグッズも販売されているので、こちらを検討されるのも良いと思います☆

マタニティシートベルト(1個)【日本育児】

引用:楽天市場

こちらのアイテムは、シートベルトの腰に通す部分を、骨盤の下に固定することによって、お腹を圧迫することなく、妊婦さんと赤ちゃんを事故などの衝撃から守ってくれるという優れものです♪

これなら、お腹の大きな妊婦さんでも締め付け感を気にせずシートベルトを装着できるので、不快感のない快適なドライブを楽しめそうですね☆

さらに!このマタニティシートベルト、使い方もすっごく簡単なんです♪

引用:楽天市場

こんなに簡単に装着できるなら、お腹が大きくて動きづらい妊婦さんでも手軽に使うことが出来るのでとっても便利ですよね♪

また、SNSでも、このマタニティシートベルトの快適な着け心地に喜ぶ、妊婦さんやそのご家族の声がアップされています!

 

この投稿をInstagramで見る

 

ShunF(@pedalitter)がシェアした投稿

こんなにいいものがあるなら、私も妊娠中に知っておきたかったー!!(笑)

最近、友人が第1子を妊娠したそうなので、その子が快適なドライブを楽しめるように、マタニティシートベルト、紹介してあげようと思います☆

休憩をこまめにとるのも忘れずに♪

自動車を使っての新婚旅行は、自分のペースで移動ができるというのが最大のメリットです。

とはいえ、長時間座ったままでの移動は、妊婦さんの体に疲労が溜まってしまうだけでなく、エコノミー症候群という怖い病気にかかってしまうリスクが高くなってしまうんです。

エコノミー症候群とは?

座席などの窮屈な所で、長時間、同じ姿勢のままでいると、体の血流が悪くなって、血管の中に血のかたまり(血栓)が出来てしまうというものです。

そこに腫れや痛みが生じてしまったり、もし、血栓がはがれて肺の血管に詰まってしまったら、胸の痛みや、呼吸困難などに襲われ、症状が重症化してしまうことも。

そうなると最悪の場合、命の危険にさらされてしまう可能性もあり、とっても危険です!!

 新郎

なるほど。妊娠中は、体の血流が悪くなってしまいがちだから、血栓が出来やすい=エコノミー症候群にもかかりやすくなってしまう、ということなんだね。

新郎さん、その通りです!

もし、奥様がこんな恐ろしい病に襲われてしまったら、奥様の命はもちろん、赤ちゃんも危険な状態に陥ってしまうことになり・・・そんなの絶対に嫌ですよね!!

なので、エコノミー症候群の引き金となる「血栓」をしっかりと予防するためにも、妊婦さんが車で長距離移動をするときは、1時間1回は休憩を取るようにしましょう!

車から降りて、少し歩くだけでも、筋肉がほぐれて血流も良くなるので、簡単にエコノミー症候群を予防することができます☆

また、渋滞などに巻き込まれて休憩が取れない場合は、座席に座ったままでも出来る体操というのもあるので、こちらもぜひ試してみてくださいね♪

引用:厚生労働省 エコノミークラス症候群の予防のために

これなら、どれも座ったまま簡単にできるので、妊婦さんでも手軽に行うことができて、血栓もバッチリ予防できそうですね!

また、エコノミー症候群以外にも、妊婦中の長時間の車移動では、乗り物酔いで吐き気を感じたり、動機や息切れ、お腹の張りなど、様々な不調に見舞われる可能性も考えられます。

そんな時は、背もたれを倒したり、後部座席で横になったりして、リラックスした姿勢で、過ごすようにしましょう!

クッションなどをあらかじめ用意しておくのも、腰やお尻の負担を減らすことが出来るのでオススメです♪

移動中も妊婦さんが笑顔で楽しく過ごせるように、上記のことをしっかり意識して、楽しいドライブを満喫してくださいね☆

近場なら、電車や新幹線の移動もオススメ♪

運転免許や、自家用車を持っていない方は、移動手段は電車がメインという方もけっこういらっしゃいますよね。

また、新婚旅行のような遠方に出かける際、新幹線を利用しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

電車や新幹線は、目的地に時間通りに到着できるため、スケジュールが組みやすいというのが大きなメリットです。

ですが、妊娠前とは違い、妊娠中の電車や新幹線での長距離移動は、体に負担がかかってしまう場合があります。

もし、新婚旅行でこれらの移動手段を検討されている方は、以下の注意点に気を付けて、ゆったりとしたスケジュールで旅を満喫していただけたらと思います☆

座席の確保が難しい場合も。転倒にも注意!!

指定席でない車両では、時期や時間帯によって、車内が混雑してしまうことがあり、座席を確保するのが難しい場合があります。

揺れる車内で立ちっぱなしで過ごすのは、妊婦さんの疲労が大きくなってしまいますよね。

それに、カーブや急ブレーキで転倒するリスクもあり、とっても危険です。

そうならないためにも、妊娠中に電車で移動する際は、通勤・帰宅ラッシュ、大型連休を避けるなど、乗車する日や、時間帯を考慮して利用するようにしましょう☆

また、新幹線への乗車は、かなりの長距離を移動することが前提となっています。

そのため、妊婦さんの体の負担を軽減することを第一に考え、指定席や、グリーン車を予約し、席をしっかりと確保しておいてくださいね!

そして、どちらの乗り物を利用する際も、急に揺れたときにしっかり踏ん張れるように、ヒールなどの足元が不安定になる靴は避け、スニーカーなどのフラットなものを履くことをオススメします。

新幹線は飲食自由!つわりの方は臭いにも注意。

新幹線の車内は、飲食が自由となっています。

そのため、他のお客さんが持ってきた、お酒やおつまみ、お弁当などのニオイが漂ってくることがあるかもしれません。

もし、つわりの症状が続いていたり、体調が優れなかったりしたときに、そういったニオイに遭遇してしまったら、さらに具合が悪くなってしまい、吐き気がこみあげてくる・・・なんてことにもなりかねません!

感染予防はしっかりと!

電車や新幹線などの公共の乗り物は、不特定多数の人が利用するので、その分、風邪などの感染症にかかるリスクも高くなってしまいます。

妊娠中に病気になってしまうと、お腹の赤ちゃんに悪い影響が出ないか、すごく不安になっちゃいますよね。

また、妊娠中は、飲める薬の種類も限られているので、効果的な治療が受けられない可能性もあり、ちょっとした症状が悪化してしまったり、長引いたりしてしまう・・・なんてことにもなりかねません。

妊婦さんが、いつも健康で、楽しいマタニティライフを送れるように、電車に乗る時は、マスクをしたり、感染のリスクが少ない時期を選ぶようにしましょう。
手洗い・うがいもしっかりと行ってくださいね!

妊婦さんの手荷物は、必要最低限に留めよう☆

電車や新幹線の移動の場合、旅行用の大荷物を抱えて移動しなければならないので、妊娠中の身体には負担となってしまいます。

また、妊婦さんが重い荷物を持つと、お腹に力が入りやすくなってしまい、子宮収縮につながってしまうこともあるんです。

せっかくの楽しい旅行なのに、お腹の張りを感じて不安な気持ちになってしまうのは悲しいですよね。

そうならないためにも、大きな荷物はパートナーにお願いして、妊婦さんの手荷物は最低限にするよう、心がけましょう。

また、余裕のある方は、あらかじめ宿泊するホテルや旅館に荷物を郵送しておくというのも1つのアイデアです☆

飛行機は医師に相談したうえで、慎重に検討しよう

長距離の移動を短時間で実現してくれる飛行機。

妊娠中でも、安定期に入り、流産や切迫早産の危険性が無く経過が順調で、体調に問題が無ければ、飛行機に乗ること自体に問題はありません。

ですが、航空会社によっては、

  1. 出産予定日から28日以内は、医師の診断書が必要
  2. 出産予定日から7日以内は、医師の同伴が必要
  3. 予定日がはっきりしない方・双子以上の妊娠をしている方・過去に早産の経験がある方は、搭乗前に事前の手続きが必要

などなど、いろいろな規定が定められているため、週数によっては、医師からの許可が必要となってくる場合があります。

あらかじめ、各航空会社に問い合わせるなどして、飛行機の利用は計画的に行うようにしましょう!

また、その他にも、妊婦さんが飛行機に乗る際にはいくつかの注意点があるので、解説させていただきますね☆

まずはお医者さんに相談を

妊婦さんの飛行機移動は、「経過と体調が順調である」ということが大前提となってきます。

そのため、飛行機に乗る前には、必ず担当医に相談し、早産などの危険がなく、経過が順調であることをしっかり確認してもらうようにしましょう!

ですが、妊娠中の体はとても変化しやすいので、診察のときは順調でも、飛行機に乗ってる間に体調が悪化してしまうということだって十分に考えられます。

もし、搭乗中に具合が悪くなっても、すぐに着陸するのは難しく、適切な処置を受けるまでに時間がかかってしまい、ますます妊婦さんに負担がかかってしまうということにもなりかねません!

そのようなリスクも十分に考慮していただき、最終的には、妊婦さんの自己判断で飛行機の利用を決定していただくというのが大切になってきます。

快適に過ごすためには座席選びも重要!

妊娠中は、頻尿になりやすく、トイレに行く回数も多くなってしまいます。

また、もし体調が悪化して気分が悪くなった時に、「すぐにトイレに駆け込みたい!」と思う状況に見舞われてしまうこともあるかもしれません。

そんな時、早急に対応できるように、座席を選ぶ時は、通路側の席やトイレの近くの席を選択するのがオススメです。

その方が「いつでも気軽にトイレに行くことが出来る」という安心感も生まれ、妊婦さんが精神的にもリラックスして、フライトに臨むことができます♪

体を動かそう

自動車移動と同じように、飛行機に乗っている時も、長時間同じ姿勢で座っているのは妊婦さんの体の負担になってしまいます。

血栓症や、エコノミー症候群を予防するためにも、時々体を動かして、全身の血液を循環させましょう☆

ですが、飛行機内のような密室の空間では、こまめに立って歩くというのも他のお客さんのことを考えるとなかなか難しいかもしれませんよね。

そんな時は、先程も紹介させていただいた、座ったままでも出来る体操を無理のない範囲で取り入れて取り入れていただくのがおススメ☆

つま先や足首をこまめに動かすことによって、血栓を予防することができ、快適なフライトを楽しんでいただけます♪

こまめな水分補給を!だけど、炭酸飲料はNG!

機内は、空気が乾燥しがちで体の水分も奪われやすく、そうなると、血がドロドロになってしまい、血栓ができてしまうリスクが高くなってしまいます。

それを予防するためにも、水分はこまめに取るように心掛けましょう☆

ですが、のどが渇いたからと言って炭酸飲料を飲むのは、危険な症状を招くキッカケになってしまうことも。

飛行機内のような気圧の変化が激しい場所で、もし炭酸飲料を飲んでしまった場合、腸の中でガスが膨張してしまい、その結果、子宮や膀胱を圧迫して、おなかが張りやすくなってしまうという可能性があります。

このようなことから、フライト中の水分補給は、水やお茶など、刺激の少ない飲み物で行うようにするのがオススメです!

また、飴やガムも、乾燥によるのどの渇きを抑えることができ、同時に乗り物酔いの予防にもなるので、カバンの中に1つ入れておくと良いですね♪

妊婦さんが新婚旅行をするときに注意したいこと

ここでは、妊婦さんが・安心・安全・快適な新婚旅行を楽しむためには、どんなことに気を付けたら良いのか?というのをまとめみました。

参考にしていただけたら嬉しいです☆

旅行先の産婦人科の場所を調べておこう!

旅行中、急に具合が悪くなった時でも、すぐに診察してもらえるように、旅先にある産婦人科をあらかじめ調べておきましょう。

また、個人病院や、助産院だけではなく、NICU(新生児集中治療室)が完備された大きな病院も一緒に調べておくのもオススメです。

NICUは、予定日よりも早く生まれた赤ちゃんや、体重が小さめで生まれた赤ちゃん、呼吸がうまくできない赤ちゃんなどを、ケアしたり、治療してくれる施設のこと。

ここなら、万が一、赤ちゃんに何かあった時でも、迅速に対応してくれるので、妊婦さんの安心にも繋がります☆

母子手帳と健康保険証は、肌身離さず持っておこう

妊娠中は体調が不安定なので、いつ何が起こってしまうか分かりません。

そんな時、どのお医者さんにかかってもすぐに対応をしてもらえるよう、母子手帳と健康保険証は必ず持っておきましょう!

ちなみに、母子手帳は妊娠中の状態が全て記録された大切なアイテム。

旅行の時だけでなく、スーパーなどの近場に行く際でも、いつも持ち歩くということを習慣化させておくと、何かあった時にすぐに対応できるので、とても安心です♪

妊婦さんにとって、冷え=大敵!温度調節ができるアイテムは必須!

みなさんは、産婦人科の先生や、先輩ママなどから、「妊婦さんは、体を冷やさないようにね」なんていわれたこと、ありませんか?

私も妊娠していた頃、担当医から何度もこのセリフを言われ、これでもか!というほど厚着していたのを今でも覚えています。

実は、妊娠中は、ホルモンバランスや自律神経の乱れによって、体がとても冷えやすくなっているんです。

ひんやりした場所で何の対策もせずに過ごしていると、体全体が血行不良を起こしてしまい、

  • お腹の張り
  • 便秘
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 足のむくみ

などなど、様々な体調不良を引き起こしてしまう可能性があります。

このような不快な症状に襲われてしまったら、せっかくの新婚旅行も、思いっきり楽しむことが出来なくなってしまいますよね。

なので、「なんかちょっと寒いなぁ」と感じた時に、すぐに対処できるよう、上着などの羽織るものを1枚用意しておくと、手軽に温度調節ができるので安心です♪

分からないことや不安なことは、かかりつけ医に相談する

初めての妊娠では分からないことも多く、その上、旅行に行くとなると、いくら安定期だとはいえ不安になってしまうこともありますよね。

ですが、不安ばかりに押しつぶされてしまっていると、せっかくの新婚旅行も、笑顔で過ごすことが出来なくなってしまいます。

妊娠さんにとって、「経過や体調が順調であること」はもちろん重要ですが、それと同じぐらい、妊婦さんの「心が健康であること」も、すごく大切なんですよ♪

なので、何か気になることがある時は、どんなささいなことでも構わないので、かかりつけ医や助産師さんに、遠慮なく相談するようにしてくださいね!

自分の今の状態や、もしものことがあった時の対処法など、妊娠・出産のプロに的確なアドバイスをもらうことで、不安も少しずつ解消され、安心して新婚旅行に出かけることが出来ます☆

まとめ

  • 妊娠中に新婚旅行に行く時期は、妊娠中期(16~27週)がオススメ♪
  • 長時間の移動は避ける!休憩をいれても2~3時間ぐらいで行ける場所が理想!
  • 母子手帳と健康保険証はいつも携帯しておく。
  • 移動手段は自動車や電車、飛行機など。どの乗り物にも注意点があることを知っておく。
  • マタニティプランが充実した温泉宿はいっぱいある
  • 体調が良い時でも、絶対に無理はしない!

あと数か月もすれば、大切な家族が増え、可愛い赤ちゃんとの新しい生活が始まります。
想像だけでワクワクして、とっても楽しみですよね!

ですが、赤ちゃんのお世話は、抱っこや授乳、おむつ替えなどで常に大忙し!
そうなると、夫婦二人っきりの時間をとるのも今より難しくなってしまいます。

だからこそ、赤ちゃんがお腹にいるこの時期に、ステキな場所で夫婦水入らずの時間をゆったりと過ごし、二人だけの楽しい思い出をたくさん作ってほしいなって思います。

近い将来パパとママになるお二人の、新婚時代のかけがえのないひとときが、笑顔いっぱいな幸せなものとなりますように・・・
この記事が、少しでも皆さんのお役に立てたら嬉しいです。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です