LGBTの結婚式はマイナビウエディングで探そう!プロが悩みを解決!

LGBTウェディングはマイナビウェディングで解決

生涯のパートナーを見つけたお二人、おめでとうございます☆
運命の人と出会うのが難しい中で、愛する人に巡り合えたお二人は本当に幸せですね。

結婚式を考えているお二人は、マイナビウェディングに頼れるコンシェルジュがいる噂は聞いたことがありますか?
そこにはLGBTウェディングに特化したプロの相談員さんがいて、お二人の悩みを解決してくれるんです。

ウェディングサロンに行けば、今まで進まなかった結婚式の準備が、簡単に進んじゃいますよ♪
早速、詳しく見ていきましょう。

LGBTウェディングコンシェルジュってどんな人?

ウェディングコンシェルジュ

画像引用:マイナビウェディング公式サイト

まず最初に、「LGBTってどんな意味だったかな?」って思う方へ、簡単に説明しますね。

LGBTとは?

LGBTとは同性が好きな人、両性が好きな人、性と心が一致しない人などの、セクシュアルマイノリティ(性的少数者)の総称のことです。

結婚式を挙げてみたいけど、なかなか式場に行くのは気が引ける。
LGBTって言うだけで、変な顔をされるんじゃないかと心配になりますよね。

そんな悩みを解決してくれるのが、マイナビウェディングなんですよ。

マイナビウェディングでは全国にウェディングサロンを設けています。
そこではコンシェルジュと呼ばれる相談員さんが、結婚式場の相談にのってくれるんですよ。

そして、ここに待望の、LGBTカップルを専門に相談にのってくれるコンシェルジュが誕生しました。
その名も、LGBTウェディングコンシェルジュ

 あいぽん

どんな人たちなのか、ワクワクしちゃう。

まずは、気になるLGBTウェディングコンシェルジュの特徴をご案内していきます。
これを読むとサロンに行きたくなっちゃうこと間違いナシですよ♪

全員LGBTウェディングの研修を受けている

LGBTウェディングコンシェルジュは、みんな独自の研修を受けている方たちなんです。
どんな研修か気になりませんか?

簡単にご紹介しますね。

まずこちらの研修を開催しているのは、「株式会社Letibee(レティビー)」というところ。
こちらは一般企業向けにLGBTに関する研修や、ワークショップを行っている会社なんです。

研修内容は、まずLGBTに関する基礎知識を学び、その後LGBTの方を含めて、話し合いやロールプレイングを行います。

最終ミッションは、LGBTカップルをお客様に見立てたロールプレイングを行うんですよ。
そして、無事に研修課題をクリアした人が研修終了証を認定され、実際のお仕事に出られます。

 あいぽん

LGBTに理解がある方だと相談しやすそうだよね

残念ながら、まだ日本ではLGBT専用のサロンがあるところって少ないので、とても貴重ですよね。

二人らしさを大事にした結婚式を提案してくれる

LGBT

マイナビウェディングのコンセプトは「ふたりらしい結婚式を」。
素敵なコンセプトですよね。

これはLGBTの方も、そうでない方も変わりません。

コンシェルジュは型にとらわれることなく、「お二人がやりたい内容を出来るだけ叶えられる結婚式場を紹介したい!」と思ってくれています。

 あいぽん

これならオリジナリティのある結婚式が出来そう!

遠慮せずにお二人の希望を話してみてくださいね。
わからないことだらけで、「まだなにもイメージが湧かない。」という方も大丈夫!

きっと、コンシェルジュが会話の中から、ふたりさしさを見つけ出してくれますよ。

LGBTの悩みを解決してくれる

最大のメリットはここの内容なんです。
LGBTの方の悩みを解決できるよう、コンシェルジュは日々スキルアップをしているんですよ。

例えば、結婚式に対してこんな悩みはありませんか?

  • 専用プランってあるの?
  • 費用はストレートと比べて高くなる?
  • 希望の会場があるけど、同性同士だと断られないかな?
  • 少人数でも結婚式が出来る?
  • 友人もLGBTが多いけど、会場の設備は大丈夫?
  • 衣装ってどういう感じになるの?

この悩みを解決できる会場を自分で探すとなると、大変な手間と時間がかかってしまいますよね。

1件1件連絡して、同じ内容を聞いて。
それでもし嫌な対応されたら、気持ちが凹(へこ)んだりしちゃいます。

でもその点、マイナビウェディングなら安心です。

なぜかと言うと、今までの実績があるからなんですよ。
実際にLGBTウェディングをして、対応が良かった会場をたくさん知っているんです。

 あいぽん

実績があるって大きい要素だわ!

それに、個人では見学予約が取れなくても、マイナビウェディングを通すと予約がとれる場合もあります。
それだけ、結婚式場と関係が深いってことですよね。

会場の紹介・見学予約をしてくれる

サロンでは、カウンセリングをしながら、お二人の希望に合う会場を紹介してくれます。

 プランナー

カウンセリングといっても緊張しなくて大丈夫ですよ。

コンシェルジュは雑談を交えながら、まずはお二人を知っていくことから始めていきます。
そうすることで、なにげない会話から、お二人の望んでいる結婚式のかたちが見えてくるとのこと。

そして、希望の会場が見つかったら、会場見学の予約の手配もしてくれちゃいます。

 あいぽん

自分で連絡しなくてもいいって本当に助かる!

見学する会場には、コンシェルジュが事前にLGBTウェディングであることを伝えてくれています。
これなら、当日は安心して見学することができますね。

その他にも、見学に行く会場に伝えておいてほしいことがあったら、コンシェルジュに話しておとくといいですよ。

 プランナー

会場に直接言いづらいことも私たちがお伝えしますよ♪。

事前に色々伝えてもらうと、とても助かりますよね。

マイナビウエディングサロンに相談する(公式サイト)

リング探しのサポートもしてくれる

マリッジリング

画像引用:ワイレア公式サイト

結婚の証として、指輪を大切にしたいカップルも多いのではないでしょうか?
毎日、自分の薬指を見て幸せな気持ちになれるのって素敵ですよね。

 あいぽん

ふたりだけの素敵なリングが欲しいな。

そんな指輪探しのお手伝いもマイナビウェディングではやってくれちゃうんです。
実際にこんなツイートがありました。

こんな感じで、コンシェルジュがあらかじめお二人の希望や、質問を店舗に連絡してくれるんです。
これなら、安心してスムーズに指輪選びが進みますね。

また、店舗によってはお二人でゆっくり選んでもらえるように、個室を用意してくれるお店もあるんですよ。
こんな心遣いの出来るお店なら、二人が気に入る指輪が選べそうな気がしせんか?

二人だけのリングを見つけて、もっとHAPPYな気持ちになっちゃいましょう♪

マイナビウエディングサロンで指輪の相談をする(公式サイト)

これがきっかけでLGBTウェディングコンシェルジュが誕生した!

ここで、LGBTウェディングコンシェルジュが誕生したきっかけについてお伝えさせてください。
きっかけは、マイナビウェディング社員の中にLGBTの方がいて、職場でカミングアウトをしたことでした。

彼女は、友人や自分の体験から、今の日本ではLGBTウェディングをしたくても、現実はハードルが高いことを訴えたのです。

すると、そんな彼女の意見に賛同した社員たちが集まり、プロジェクトを立ち上げることになったんですよ。

彼女たちの熱い想いでプロジェクトは軌道に乗り、めでたくLGBTウェディングコンシェルジュが誕生することになりました。

職場にカミングアウトするだけでも、とても勇気のいることですよね。
更に、「自分と同じ想いをしてる人のために何かできないか」と、行動する強さは本当に素敵なことだと思います。

彼女は当事者だからこそわかる悩みや求めていることを、職場の人に共有したんですね。
ちなみに、今も彼女は、現場で元気に働いていらっしゃいますよ。

 あいぽん

同じ悩みをもっている人だからこそ、共感できる気持ちがあるはずよね。

これがきっかけで、LGBTコンシェルジュが誕生したんですよ。
サロンには、お二人の悩みに寄り添うスタッフがたくさんいます

結婚を考えているパートナーと、一度のぞきに行ってみるのもいいのではないでしょうか?
憧れの結婚式を叶えてくれる、コンシェルジュときっと出会えますよ。

全国各地にあるマイナビウェディングサロン

現在、マイナビウェディングでは、全国各地にウェディングサロンがあります。
こちらが、ウェディングサロンがある場所なんですよ。

関東 東京 神奈川 埼玉 千葉
関西 大阪 京都 兵庫
東海 愛知 岐阜
九州 福岡
北海道・東北 北海道 宮城

主に、主要都市にマイナビウェディングサロンがあるんですね。
確かに全国各地にはありますが、サロンまでの道のりが遠くて行くのが難しいって方もいると思います。

もし、ご自宅の近くにサロンが無かったり、「実際に行くのはちょっと抵抗がある」という方のために、他の相談方法があるんですよ。

それは、マイナビウェディング簡単便利WEB相談という、サービスなんです。
オンラインを使って、メールや電話で結婚式の相談ができる窓口なんですよ。

WEB相談は、どこにいてもできるので便利ですよね。

 プランナー

その際に1つだけお願いがあります。

LGBTウェディングコンシェルジュを希望される場合は、お問い合わせの時に「LGBTウェディング希望」ということをしっかり伝えてくださいね。

マイナビウェディングサロンに行けば、きっとお二人の希望の会場が見つかるはずです。
まずは「相談だけ」と、軽い気持ちでサロンに行くカップルはとても多いですよ。

二人だけで悩むより、気になることはプロに相談してみてみましょう♪

式場を決めた全員に6万円プレゼント♪マイナビウエディングサロンで相談する

LGBTウェディングの気になる口コミ

何かを決めるときって口コミを調べたりしませんか?
口コミって、実際に体験した人の声だから説得力がありますよね。

私は何かを買うとき、何かを決めるとき、かなり口コミを気にしちゃいます。

ここでは、実際にサロンを利用された方と、結婚式を挙げた方、2つの口コミを見ていきましょう。

LGBTウェディングコンシェルジュの対応に関する口コミ

まずは、実際にLGBTウェディングコンシェルジュに、結婚式の相談をお願いしたカップルの口コミをご紹介します。

(K様&M様)

サロン予約の際、他のカップルが気にならないよう時間や部屋を配慮すると言ってくださったため、安心して相談の日を迎えられました。

当日は他のカップルとバッティングしないように配慮されていただけでなく、些細な疑問や繊細な話もしやすい雰囲気だったので、リラックスして相談することができました。
式場の見学予約もサロンでしていただけたので安心でした。

 

(ちゃきまき様)

サロンのコンシェルジュの方が優しく雰囲気も良かったので安心して相談出来ました。
詳しく希望を聞いて頂き、希望に沿った会場の紹介や、希望した会場への予約や連絡まで代行してくださったので、助かりました。

引用:マイナビウェディング公式サイト

2組ともリラックスして、相談出来た様子が伝わりますね。
気遣いができるコンシェルジュに安心できます。

「この人は信頼できるな」と感じれば、自分の気持ちも安心して伝えることが出来ますよね。
気持ちを伝えることで、コンシェルジュにも二人の希望が伝わります。

その結果、お二人の希望の結婚式が叶えられるんですね。
素敵なコンシェルジュマジックです♪

LGBTウェディングをされた方の口コミ

次は実際に結婚式を挙げたカップルの口コミです。
これは楽しみですね~。

(Jさん&Kさん)

2月にスタジオ見学に行った時、お互いドレス姿を見て、「本当に結婚するんだな…」と感動して泣いてしまったことが今でも忘れられないです。

同性の関係なので、制度的な部分で結婚はなんとなく私たちには遠い話だと考えていました。
でも、今回、「他の愛し合うカップルと同じく結ばれたい、約束を形に残したい。」そんな気持ちで進めました。

それはとても幸せで、言葉にあらわせないぐらいの感動でした。
今までの人生のなかでも、これからの人生なかでも最も幸せな経験だと思います。

 

(TOMONAさん&KAORIさん)

式を挙げてから絆が深まったように感じています。
身内や友人からも夫婦として扱ってもらえるようになり感謝しています。

式の写真を見せて、「私の妻です」と紹介できるようになったことがとても嬉しいです!

結婚式フォト

 

引用:novia novia wedding公式サイト

本当に幸せそうなお二人ですね♪
見ているこっちまで幸せな気持ちになっちゃいます。

悩みながらも結婚式を挙げたことで、2組とも絆が深まったことが伝わってきますね。
今、結婚式を挙げようか悩んでいる方、2組の体験談でお二人の背中を、ポンと押されたような気がしませんか?

結婚式を挙げることで、二人の関係を堂々と公表できることに喜びを感じるカップルもたくさんいますよ。

さらに、口コミではないのですが、インスタグラムにもこんな素敵なお写真もあります。

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉祥寺 | &(@cafe22_weddinggallery)がシェアした投稿

お写真からお二人の仲の良さが伝わってきますね。
とっても素敵です♪

 プランナー

結婚式では定番の「ケーキ入刀」ですが、今はプラス演出も人気があるんですよ♪

例えば、親しい友人カップルや親、兄弟などを指名し、同時にケーキ入刀を行う「ダブルケーキ入刀」という演出もあるんです。

当日までのサプライズにしておけば、盛り上がること間違いナシですよね。

また、ケーキを各テーブルに用意してもらって、お二人が入刀してまわる演出も人気なんです。
これなら、ゲスト1人1人とコミュニケーションがとれるので、みんなに喜ばれますね。

次は、ウェディングドレスの写真です。
背中の紐やリボンがレインボーなんですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LGBT wedding project by JASMAC(@equal_wedding)がシェアした投稿

なぜ、こんな色を取り入れているのかというと、この色がLGBTの象徴とされているからなんです。
こちらのドレスのように、レインボーフラッグを取り入れる方も多いんですよ。

ドレス全体ではなく、後ろ姿にちょっとだけ取り入れるあたりにセンスの良さを感じますね。
お二人の個性を出したいときに、使えるアイデアですよ。

レインボーフラッグだけじゃなく、好きな色や柄、キャラクターなんかをちょこっとだけ取り入れるのもアリですよね。

ドレス以外では、こんなところにも使っています。
粋ですよね~。

 

この投稿をInstagramで見る

 

LGBT wedding project by JASMAC(@equal_wedding)がシェアした投稿

個人的には、こういうチラ見せ大好きです♪
きっと、これを見つけたゲストは必ず話題にしてくれますよ。

小物だと他には、チーフやアクセサリーなんかに取り入れてもオシャレですよね。

実はこのレインボーフラッグって、7色ではなくて6色なんですよ。
元は8色だったのが、LGBTを堂々と主張する人が増えたため、大量生産しやすいように6色になったのです。

 プランナー

一人一人のセクシュアリティはみんな違ってみんな尊い、というような意味合いがあるそうですよ

 あいぽん

虹のグラデーションが、みんな同じじゃないことからきてるんだね。

なんとも言えない素敵な主張ですよね。

いくつか体験された方の声をご紹介しましたが、お二人の結婚式のイメージに近いものはありましたか?
少しでもイメージがふくらんでくれたら嬉しいです。

式場を決めた全員に6万円プレゼント♪マイナビウエディングサロンで相談する

LGBTに優しい相談カウンターって他にもあるの?

マイナビウェディングは、LGBTウェディングを希望される方には、とっても頼りになる場所です。
でも、この他にも同じような場所ってあるのかなって思いませんか?

比較することで、より良いものを選べば満足感が持てると思います。
そこで、LGBTカップルの力になってくれる相談カウンターをあと2カ所、ご紹介します。

novia novia wedding(ノービア ノービア ウェディング)

novia nonia wedding
引用:novia novia wedding公式サイト

こちらは、女性同士のカップルを応援する情報サイトの「Novia Novia」が運営しています。
マイナビウェディングと同じように、結婚式の相談から式場決定までお手伝いしてくれるところなんですよ。

そして、novia novia weddingはLGBTの方専門のウェディング相談所なんです。

なので、女性同士のカップルだけでなく、LGBTの方全てが対象なのでご安心くださいね。
一番の特徴は、LGBT以外の方の相談は受けていないことです。

 あいぽん

それってすごい安心感!

また、フォトウェディングも得意なんですよ。
結婚式まではやらなくてもいいけど、「二人の写真だけは残したい!」と思う方も多いですよね。

そんなお二人のために、フォトウェディングがあります。
結婚式に比べたら、費用を抑えることが出来るのもメリットですよね。

ただ、マイナビウエディングと違って、キャンペーン特典などはありません。
なので、私としては、マイナビウエディングを一番におすすめしますよ♪

VALENTY WEDDING(ヴァレンティーウェディング)

valenty wedding引用:VALENTY WEDDING公式サイト

こちら、正確には相談カウンターではありません
全てのカップルを対象に、ウェディングプランナーを紹介してくれる会社です。

もちろんLGBTカップルも応援している会社ですので、安心してくださいね。
最大の特徴は、フリーのウェディングプランナーさんを紹介してくれるところなんですよ。

 あいぽん

フリーのウェディングプランナーってどういうこと?

わかりやすい例えで言うと、あなたの友人がプランナーとして結婚式に関するアドバイスをしてくれるようなもの。
つまり、どこの会社にも所属していないんです。

だからこそ出来ることもあって、アイデアは無限大に広がるんです。
結婚式場とのしがらみが何もないので、いわゆる、大人の事情がないんですね(笑)

公式サイトにはプランナーの顔と自己紹介が載っているので、事前に確認してから選べることも人気の要素ですよ。
上の写真のように、公式サイトにも幸せそうなお写真がたくさん載っています。

ただ、こちらのサイトもマイナビウエディングと違って、キャンペーン特典などはありません。
まずはマイナビウエディングを使うことをおすすめしますよ♪

いろいろ比較して、お二人に合うところを探してみてくださいね。

式場を決めた全員に6万円プレゼント♪マイナビウエディングサロンで相談する

知らないと損する!?パートナーシップ制度

 

パートナーシップ証明書を持つカップルのイラスト(男性)

ご存じの方も多いとは思いますが、残念ながら、日本ではまだ同性婚が認められていません。
でも、自治体が独自に認める制度はあるんです。

2015年に、東京都渋谷区が初めて取り入れたのが「パートナーシップ制度」なんですよ。
この制度について、お二人はどれぐらい知っていますか?

 あいぽん

知らないと損しちゃうかも!?

ここでは、結婚を考えているLGBTカップルなら、知っておきたい内容をお伝えしていきます。

パートナシップ制度って、どんな制度?

パートナーシップ制度とは、同性カップルの関係を婚姻と同等であると認め、各自治体が公に証明書を発行する制度です。

 あいぽん

国は認めていないけど、自治体は二人の結婚を認めてくれるってこと?

少しずつですが、日本にもLGBTの方を認める動きが出てきていると思います。
最終的には自治体だけでなく、国が認めてくれるようになってほしいですね。

パートナーとして自治体から認めてもらえると、こんな証明書も発行されるんです♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

ひらのゆか(@yu_kyn0_pnsx)がシェアした投稿

「証明書」って嬉しいですよね。
公(おおやけ)に二人の関係が認められた証なんですよ。

これを持っているだけで、一目で二人の関係を説明できちゃうんです。
本人確認書類と一緒に持っておくことを、オススメしますよ♪

現在(2020年5月)、パートナーシップ制度を取り入れている自治体は下記の50自治体あります。

東京都渋谷区 東京都世田谷区 三重県伊賀市 兵庫県宝塚市 沖縄県那覇市
北海道札幌市 福岡県福岡市 大阪府大阪市 東京都中野区 群馬県大泉町
千葉県千葉市 熊本県熊本市 東京都府中市 大阪府堺市 神奈川県横須賀市
岡山県総社市 神奈川県小田原市 大阪府牧方市 東京都江戸川区 東京都豊島区
栃木県鹿沼市 宮崎県宮崎市 茨城県全域 福岡県北九州市 愛知県西尾市
長崎県長崎市 兵庫県三田市 大阪府交野市 神奈川県横浜市 大阪府大東市
神奈川県鎌倉市 香川県未三豊市 兵庫県尼崎市 大阪府全域 埼玉県さいたま市
東京都港区 東京都文京区 神奈川県相模原市 神奈川県逗子市 新潟県新潟市
静岡県浜松市 奈良県大和郡山市 奈良県奈良市 香川県高松市 徳島県徳島市
福岡県古賀市 宮崎県木城町 愛知県豊明市 埼玉県川越市 兵庫県伊丹市

こうして見ると、全国各地でパートナーシップ制度を取り入れている自治体が多いんですね。
みんなが住みやすい日本に変わっていってほしいと思いますよ。

また、今後、この制度を取り入れようとしている自治体も今の段階で22もあり、今後さらに増えていくでしょう。
新居を決めるときに、上記の市町村に住むことを検討材料に入れてもいいですよね。

こんないい事も!証明を受けるメリット

自治体に認めてもらうのは嬉しいけど、「それだけ?」って思ったあなた!
それだけじゃないんです。

証明を受けることで、こんなにいい事もあるんですよ。

パートナーシップ証明を受けるメリット
  • 市営住宅の申し込みやお祝い金など、行政のサービスを受けることが出来る
  • 生命保険の保険金受取人になることが出来る
  • 携帯電話会社の家族割の対象になる

いっぱいメリットがあるんですね。
やっぱり認められるって嬉しいですよね。

 あいぽん

結婚したことが実感できちゃう♪

ただし、自治体や会社によっては対象外のところもあるので、ご利用になる前にはしっかり確認が必要です。

パートナーシップ制度を受ける時の注意点

いい事がたくさんあるパートナシップ制度ですが、注意する点もあるんですよ。
それがこちらになります。

パートナーシップ証明を受ける時の注意点

法的効力がないため、税金の優遇措置が一切無いということです。
例えば、配偶者控除の対象にはなりません。

また、生命保険の受取人にはなれますが税金の控除が無いため、相続税がかかってしまう場合があります。

簡単に説明すると、「証明される前と同じ」ということですよね。

そう考えたら、メリットの方が圧倒的に大きいと思いませんか?
確かに、法的効力はないかもしれません。

ただ、なにより、お二人の関係が公に認められることが最大のメリットだと思いますよ。

LGBTの方にフレンドリーなオススメの新婚旅行先

無事に結婚式場が決まったら、次は新婚旅行の手配ですね♪
新婚旅行の特権は周りを気にせず、二人の世界でラブラブに過ごせること。

 あいぽん

思いっきり二人の時間を楽しみたいよね♪

そこで、LGBTフレンドリーな国をいくつかご紹介します。
ぜひ、お二人でHAPPYな思い出を作ってきてくださいね。

LGBT先進国が多いヨーロッパエリア

北欧の国には、LGBTの方にフレンドリーな国が多くあるのはご存じでしょうか?
旅行先としても人気のエリアですよね。

それぞれの国の特徴をご案内していきます。

オランダ

Suncheon湾, オランダの庭園, 風車, チューリップ

世界でいちばん最初に同性婚を合法化した国オランダです。
「結婚する際には相手の性別を確認する」ということが自然と行われている国なんですよ。

それだけ性別ではなく、個人を尊重してくれる国なんですね。

 新郎

LGBTの80%以上の方が、過ごしやすいと語る国でもあるんだって

オランダと言えば、風車とチューリップの絵が思い浮かびませんか?
可愛い風景をバックに、とびっきりの写真を撮ってきてくださいね♪

アイスランド

オーロラ

男女平等の精神が強いアイスランドも、ここ最近で急速にLGBTの方にフレンドリーな国とになりました。
かつての首相に、レズビアンであることを公表した方もいます。

 あいぽん

首相が公表するとこっちまで勇気がわくね。

また、LGBTの方が社会進出することで、国民がLGBTの権利を強く主張できるようになったんですよ。

そんなアイスランドはオーロラが見えることでも有名です。
一生に一度は見てみたい景色、もちろんお二人で行きたいですよね!

ぜひ、新婚旅行の思い出に検討してみてください♪

デンマーク

ニューハウンの写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー ...

LGBT先進国と言われるデンマーク
この国は、世界の中でかなり早い段階からパートナーシップを認めた国です。

その他にも、パスポートの性別を、性転換などしなくても変えられる制度を導入しました。
また、トランスジェンダーであることを障害としない考えを作ったりと、いろいろな面で他の国より先に進んでいるんですね。

 新郎

公的な書類の性別を変えられるっていいよね。

コペンハーゲンの素敵な街並みを二人で散歩するだけで、幸せな気持ちになれちゃいますよ。

スウェーデン

ガムラスタン, 旧市街, 市, 美しい, 本格的です, 伝統的な, ストックホルム, スウェーデン

スウェーデンは福祉が充実している国で有名ですが、LGBTの方にフレンドリーな国としても最近は注目を集めています。
個性を尊重し合う文化が根付いているからこそでしょうね。

 あいぽん

みんな平等がスウェーデンの合言葉♪

そして、スウェーデンと言ったら、みなさん何を思い出しますか?
家具や雑貨が好きな私にはIKEAしか頭に浮かびません(笑)

お二人の新居に似合いそうな家具を、本場のお店で見てみるのも楽しそうですよね。

ベルギー

ベルギーワッフル

オランダの次に同性婚を合法化した国ベルギー
パートナーが外国籍だとしても、ベルギーに住めば同性婚が可能なんですよ。

なので、世界中から同性カップルが引っ越ししてくることが多い国になりました。
かつての首相もゲイを公表し、LGBTが住みやすい国として確立したことでも有名ですよ。

 新郎

上にたつ人が公表すると、国の雰囲気が変わるだろうな。

そして、ベルギーは美食の国としても人気。
ビールにチョコレートにワッフル、などなど、もっともっとたくさん美味しい物がありますよ。

お二人でグルメを満喫してきてくださいね。

フランス

凱旋門HIS公式サイト

かつてはLGBTに厳しい態度を示していたフランスでしたが、2013年に同性婚が合法化されてから一転、LGBTフレンドリーな国に変りつつあります。

中でもパリで年に一度行われるLGBTを主張するパレードには、50万人もの人が集まり、すごい盛り上がりをみせるんですよ。

 あいぽん

パートナーと一緒に参加出来たら、忘れられない思い出になりそう。

デートはもちろんバッチリお洒落をして、シャンゼリゼ通りを散歩してきてください♪

イギリス

ロンドンの町並みとビッグベン|無料の写真素材はフリー素材のぱくたそ

フランスに習うようなかたちでイギリスも同性婚が合法化されました。
今では、LGBTの個人の権利が守られる国として人気も集まり、この国で暮らしたい、と引っ越ししてくる方も増えてきいます。

 新郎

同性婚が認められている国はやっぱりLGBTに優しい国なんだね。

ロンドンで優雅なアフタヌーンティーを楽しむのもステキですよね。

その他のおススメの国3選

ヨーロッパはちょっと遠い、というお二人のためにもう少しだけ、日本から近い国もご紹介しちゃいます。
ぜひ、新婚旅行先の参考にしてみてくださいね。

カナダ

ナイアガラ, 滝, 馬蹄, カナダ, ミスト, 水, 川, 自然, 流, 不思議, 風景, ランドマーク

かなり古い時代から移民を受け入れてきたカナダは、元々とても物事に寛容な国。
肌の色や宗教などが違っても、それぞれの個性を尊重し続けてきたんですよ。

これなら、LGBTにも偏見なく対応する国になったのも当然ですよね。

 あいぽん

プライドパレードと呼ばれるLGBTイベントはものすごく盛り上がるんだよ!

そして、お二人でナイアガラの滝を見たら、あまりの壮大さに感動すること間違いナシですよ。

タイ

タイ, プーケット, ピピ島, 島巡り, カラフルなボート, ビーチ, 海, 旅行, 空, 島, 青, 風景

アジア圏の中でもお勧めの国がタイ
LGBTの楽園とも言われるほど、フレンドリーな国です。

 新郎

楽園って、なんていい響きなんだろう!

2019年にはLGBTの国会議員が4人も選ばれるなど、社会進出も目立ってきている国なんですよ。

そして、タイはキレイなビーチがたくさんある事でも有名です。
プーケットの極上ビーチで、二人だけの時間を楽しんできてくださいね♪

台湾

夜市の写真素材|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK

2019年にアジアで初めて同性婚を合法化した国が、台湾なんです。
その後、着々と同性婚の数が増えてきているんですよね。

 あいぽん

台湾をきっかけに、アジアにも同性婚を認める国ががもっと広まってくるといいね。

ということは、それだけLGBTの方にとって暮らしやすい国に変化しつつある、ということがわかります。
お二人が訪れる頃には、もっとフレンドリーな雰囲気になっているかもしれませんね。

台湾では、安旨グルメの宝庫夜市」を思いっきり楽しむのがオススメですよ。

日本国内では、沖縄がオススメ

「開放的な沖縄の海を楽しむ」の写真

「遠くに行く時間が取れない」というお二人には、沖縄がオススメです。

沖縄では2013年から、「ピンクドット沖縄」というLGBTの方が暮らしやすい街をテーマにしたイベントを行っているんですよ。

 新郎

国内の中で沖縄は、かなりLGBTに理解を深めようとしてくれている県なんだね。

県内にはLGBTの方にフレンドリーな宿泊施設もあるんですよ。
いっそのこと、沖縄で結婚式を挙げるのもアリですね。

日本の観光地としても有名ですし、沖縄のキレイな海をバックに結婚式を挙げるのも素敵ですよ。

まとめ

  • LGBTカップルが結婚式をしたいと思っているなら、まずはマイナビウェディングデスクに相談してみよう
  • 店舗に行くのは難しい方は、WEB相談を利用してみるのがオススメ
  • しっかり研修を受けたスタッフが、結婚式の相談から式場見学の手配までやってくれるので安心で、便利
  • パートナーシップ証明が承認されると、行政サービスを受けることが出来たりなど、いい事がたくさんある
  • 特にヨーロッパではLGBTにフレンドリーな国がたくさんあるので、新婚旅行にオススメ

今は日本人の約10%がLGBTだと言われています。
これって日本の左利きの人と同じ割合なんですよ。

そうなるとマイノリティ(少数派)とはもう言えない感じですよね。
日本でも、国や社会がだんだんとLGBTの方を尊重する流れが始まりつつあります。

その波にお二人も乗ってください♪
周りの目を気にせずに、世界一大切なパートナーと一生の思い出に残る結婚式が挙げられることを、心より願っています☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です