新婚旅行行くなら海外!?予算はどのくらい!?

結婚するとなると、いろいろとやらないといけないことがありますよね。
やらなければならない事の中で、結構重要度が高いのって、「新婚旅行どうするの?問題」ではないでしょうか?

新婚旅行って特別なもので、人生で1回きりしか無いんですよね。
そうなると、行き先選びには絶対失敗したくない!

そこで、おすすめの場所(行先は海外としています。)と、そこに行くのにどのくらいの予算を見ておけばよいかご紹介します。
是非参考にして、今後の新婚ライフを楽しんでくださいね♪

新婚旅行(海外)の人気ランキング

新婚旅行は海外と決めたら、次は訪れる国を決めないといけないですよね♪
そこで独自に集計した人気の旅行先をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

旅行先 予算 オススメ時期 行くべき場所 時差
1位 イタリア 72万~98万 4~11月 ベネチア
ローマ、ミラノ
 -8時間
2位 ハワイ 58万~68万  11~4月 ワイキキビーチ
ダイヤモンドヘッド
 -19時間
3位 インドネシア
(バリ島)
 41万~70万 5~8月 ジンバラン地区
ウブド地区
 -1時間
4位 スペイン 84万~90万  5~10月 サグラダファミリア
マドリード
 -8時間
5位 オーストラリア 66万~72万  通年 ケアンズ
(グレート・バリア・リーフ)
 +2時間
6位 グアム 44万~64万  6~10月 恋人岬  +1時間
7位 タイ
(プーケット)
46万~54万  11~3月 プーケット  -2時間
8位 アメリカ 66万~92万  通年 ディズニーワールド  -13~-16時間
9位 ベトナム  44万~68万 9~12月 フーコック島
ホーチミン
 -2時間
10位 フランス  90万~100万 通年 モンサンミッシェル
パリ
 -8時間

オススメの国、行くべき時期、スポットと意外に気になる時差をまとめてみましたよ♪

やはりイタリアが新婚旅行の行き先ではNo.1でした。
ベネチア、ローマ、ミラノと見どころたっぷりなので、人気なのもうなづけます。

このランキングにでてくる国は、海外に詳しくない方でも聞き馴染みがあって、一度は行ってみたい☆と思えるような国ばかりですね。

今回は、このランキング順に、必要予算と主な観光スポットについて紹介していきたいと思います!

気になる予算について

人気ランキングの表をみて、気づいた方はいらっしゃいますか?

予算の幅が広すぎない・・・?!

それもそのはず。行く時期によってかなり旅費の変動が大きいんです。
なので、新婚旅行の時期をしっかり考えないと、予算が高くついてしまうって事もあるんですよね。

時期によって費用が変動する

旅行には繁忙期と閑散期というものがあり、行先を選んだのに、旅行代理店に行ったらとんでもなかったって事があります。
旅行会社の料金カレンダーを見てみると、繁忙期は結構高めに設定されているんですよ。

繁忙期
2月末~3月:卒業シーズンで、卒業旅行に海外を選ぶ方が多いため

4月後半~5月前半:GWという、素晴らしい長期連休があるため

6月:結婚式が多く行われる時期で、その流れで新婚旅行に行かれる方が多いため

9月後半:GWまではいかないけど、長期連休が取れるため

12月末~1月初旬:年越しと新年を海外で、と考えている方が多いため

注意:出発を土曜日と金曜日(連休の前日)を選ぶと、予算が高くなる傾向あり

日本国内にいても、混む時期と似ている事が分かりますね。
もし許されるなら、閑散期に行かれることをおすすめします。

閑散期

1月中旬~2月:冬休みがひと段落するため

4月上旬:学校や会社などは、入学や入社の準備で忙しいため

5月後半:GW終了した後なので、観光熱が落ち着くため

12月前半:年末年始に旅行を計画する人が多く、ねらい目

イチオシ:出発を火曜日~木曜日(土日祝の休み前以外の日)に設定すると、予算を低く出来る傾向あり

少しでも予算を抑えたいとお考えなら、各旅行社が打ち出している、早期申し込み割引を利用してみるのも良いですね♪
結婚式場を決める前に、新婚旅行先を真っ先に選ぶのが良いかもしれません。

予算の設定について

行く場所や時期によって、予算が大きく変わるので、できるだけ比較しやすいように条件を統一しますね♪

旅行の条件

旅行日数

  • リゾート地は5日間(添乗員同行無し)
  • それ以外は8日間前後(添乗員同行あり)

飛行機の席はエコノミークラス

予算はもちろん二人分

旅行先で使うお金は1人10万円を用意(お小遣いとして20万として加えています。)

結婚式の準備などで忙しかったお二人を考慮して、旅行はすべて込みのパックツアー

新婚旅行なので、ホテルの部屋のランクは高めに設定

座席のグレードを上げるだけでかなり変わってしまいますので、エコノミークラスを使用としています。
新婚旅行だからリッチにビジネスクラスがいい~!という方は、この予算にビジネスクラスなどのグレードアップした分の料金を加えて考えてくださいね☆

また、リゾート地以外では移動と散策が多くなるので8日前後に設定しました!
さらに、新婚旅行は安全に行きたい!と考える夫婦も多いため、添乗員同行のプランにしました☆

新婚旅行ということで、ホテルの部屋のランクが高いため、普通の旅行より高い価格設定になっています。

旅行先で使う金額は、それぞれのカップルの趣味趣向があるため、平均1人10万円として予算に追加しています

各国のご紹介の項では、旅行代金のみの表記とさせてもらいますね。

それでは、これから上の表であげた国の紹介していきますので、素晴らしいハネムーンへの足掛かりにしてくださいね♪

 プランナー

私がご案内させていただきます。

場所選びの参考になれば幸いです♪

1位:ダントツ人気のイタリア【72万~98万】

世界地図を書いてくださいと言うと、日本人は必ずと言っていいほどイタリアだけは書けます(笑)
そういう事とは関係ないかもしれませんが、イタリアは最も新婚旅の行先に選ばれているんです。

 新郎

長靴の形って覚えているから親近感があるのかも!
  • 旅行日数:8日
  • 予算:72万~98万
MEMO
どうしても日程が繁忙期になってしまうという方は、予算に1人20万円前後(2人で40万前後)追加することを考えてくださいね。
結婚式の日程を決める前に、4月上旬の火曜日出発で、新婚旅行の日程を決めちゃうのが良いかもしれません!

4月の日本は暑すぎなくて、過ごしやすいですが、イタリアはもっと過ごしやすいですよ。

イタリアに行くと、必ずと言っていいほどツアーの中に組まれる街がありますのでご紹介します。
新婚旅行先に選ばれるには、やはり訳があります。

それは至る所にある有名なスポットの数々です。
何年か経って、この旅行で撮った写真を見返した時、あの場所はこうだったなど、思い出を語って盛り上がれますよね。

それからお買い物好きな奥様は、この国で存分に楽しむことができます☆

観光名所が豊富で、お買い物もばっちり両立できる旅行先はイタリアがダントツです。

 プランナー

お買い物をしたいと考えているようでしたら、旅行先のお小遣いを1人10万円ではなく、1人20万円に増額して考えていただくべきです。
MEMO
スリが多いので、荷物の取り扱いは注意してくださいね。

ミラノ

ミラノと言えば、ファッションと芸術の街と言われていますよね。
そんなミラノを象徴している建物は、大聖堂ドゥオーモになります。

大聖堂ドゥオーモの場所はこちら!

この大聖堂の完成に約500年もかけていて、ナポレオンが活躍していた時代に完成していました。
世界最大のゴシック建築として、ミラノに来る方は必ず訪れるスポットになります。

是非ここで写真を撮りましょう!
ミラノに来たら、ブランド街が気になりますが、まず先にここを見ておかないと意味がありませんよ(笑)

その後に、ブランド街に行くのもよし!
もし余裕があるようでしたら、サッカー大国のイタリアの誇るサッカー専用競技場「サンシーロジョゼッペ・メアッツァ)」に行ってみてください。

実際に行かれた方のインスタグラムがこちら!

 

この投稿をInstagramで見る

 

MiyaNori(@miyaginori)がシェアした投稿

かなり大きな競技場で、日本で一番大きな日産スタジアムが7万2千席に対して、その競技場は8万席あるんです。
試合が無かったとしても、是非この巨大建築の前で写真を撮ってみてください。

その大きさがすぐわかると思います。
それに試合当日となると、サッカー大好きなイタリアのイケメンに会えるでしょう(笑)

 プランナー

新郎様を、嫉妬させないように気を付けてくださいね(笑)

スタジアムの場所はこちら!

ベネチア

ベネチアは水の都として、とっても有名ですよね。
誰しもがイタリアと言ったら、写真などで必ず見ているはずです。

ベネチアはこのエリア!

ベネチア自体は、徒歩で回れる程のエリアですが、やはり乗っていただきたいのが「ゴンドラ」ですね!
イタリアに行ったら、二人で乗って写真に撮ってもらいましょう。

写真のような町並みをゴンドラ側から撮ったら、どこから撮っても素敵な写真になります♪
日本に戻って、新婚旅行の事を思い出したら、必ずベネチアが蘇りますね。

ローマ

ローマは1日にしてならず」や「すべての道はローマに通ず」と言う言葉がある通り、ローマには多くの歴史が残っているんです。
イタリアに行ったら、ローマも必ず立ち寄りましょう。

コロッセオの場所はこちら!

ローマに来たら、写真のコロッセオと、映画「ローマの休日」で有名なスペイン広場があります
まずはコロッセオに行って、内部見学に行っておきましょうね!

剣闘士と猛獣が戦い合ったコロッセオで、その時代に思いを馳せて歴史の重みを感じてみるのも良いですよね♪
その次に、その次に向かうのはスペイン広場です。

実際に行かれた方のつぶやきがこちら!

夜のスペイン広場ですが、観光客の方々が結構いる事が分かりますね。
それだけ、有名なスポットなんです♪

女優の「オードリー・ヘップバーン」さんが映画で、アイスクリームを食べたシーンがあまりにも有名なんです。
奥さんになる方は、そんな名女優の雰囲気をまねてみると面白いですよね。

 プランナー

すみません。

スペイン広場ですが、飲食や階段での座り込みが禁止になっているので、写真撮るだけにしましょうね。

2位 大定番 ハワイ

2018年のハワイへの日本人渡航者数は、約157万人になっています。
これは沖縄県の人口(約144万人)を大きく超える人数なんですね!

それだけ渡航者がいるので、ハワイは日本人にとって最も身近なリゾート地になっています。

  • 旅行日数:5日
  • 予算:58万~68万
MEMO

ハワイに関しては、繁忙期と閑散期で各社の旅行代金の変動の幅が小さいです。

繁忙期だとしても、1人10万円弱(2人で20万円弱)の追加で何とかなりそうですね。

年越しと新年をハワイで、という新婚旅行も夢ではないですよ♪

新婚旅行としてハワイで一番考えられるスポットは「ワイキキビーチ」ですよね!
「折角の休みだし、リゾート地でゆっくり2人でのんびりしたい」と考える方が最も選ぶ場所です。

ワイキキビーチ

ワイキキビーチって、ワイキキ市に8つあるビーチの総称だっていう事はご存知ですか?
西端から東端までが3kmもあって、めちゃくちゃ長いんですよ。

ワイキキビーチの場所はこちら!

どのビーチも波が穏やかで、8つ共に施設等がそれぞれ異なるため、お二人の目的やご都合に合わせて選んでみてくださいね。
折角の5日間なので、是非ゆっくりな時間を過ごすのがオススメです。

スポーツ好きなお二人でしたら、アクティビティにチャレンジしてみてください。
ハマってしまって、帰国後にすぐまたハワイに行く計画を立てちゃうかもしれませんね♪

 プランナー

ワイキキビーチでカクテル飲みたいなとお思いの方もいると思いますが、ハワイは公共の場所では、飲酒が禁止になっているので注意してください!

それから、日本では20歳以上から飲めますが、ハワイは21歳からになっていますので、該当する方は特に注意してくださいね。

ハワイは海だけが楽しみではありません!
ショッピングも楽しめるのがここの特徴なんですよ。

とにかく広くて、東京ドーム4個分程の大きさなんです。
それだけ大きいショッピングセンターなら、揃わないものがな~んにも無いですね♪

アラモアナセンターの場所はこちら!

3位 世界有数のリゾート地 インドネシア(バリ島) 41万~70万

インドネシアは1万3千ほどの島で構成されていて、東西に非常に長く、5,110kmもあるんです。
数ある島の中で、新婚旅行として選ばれる島がバリ島です。

  • 旅行日数:5日
  • 予算:41万~70万
MEMO

予算に開きがあるのは、リゾート地でゆっくりしたい方々と、観光したいという方々で差が出ます。

リゾート地であるためか、比較的繁忙期でも1人10万円程度(2人で20万程)の追加で行けるんですよね。

もし閑散期に行けるようでしたら、予算はエステとかの自分磨きに使えそうです♪

バリ島は世界有数のリゾート地になっていて、海側は「ジンバラン地区」山側は「ウブド地区」がおすすめです。
2人でコテージに泊まってみたり、スパで癒されてみたりと極上の時間を過ごすことができますよ。

のんびり過ごしたいと考えいている方には、バリ島が最もおすすめです。
バリ島の海を眺められるバーで、夕陽を眺めながらおいしいカクテル飲んで過ごすなんて、とっても素敵じゃないですか!?

ジンバラン地区

「夕陽を眺めながらおいしいカクテルを飲んで過ごしたい☆」と思った方は、バリ島の南部のジンバランビーチにある、「アヤナリゾート&スパ」にぜひ宿泊してくださいね。

アヤナリゾート&スパに併設されているロックバーで、夕陽を見ながら美味しいカクテルを飲むという夢がが叶いますよ。

一生に一度の新婚旅行だからこそ、記憶に残る旅行にしたいですよね。


公式サイト:アヤナリゾート&スパ

この写真だと海に浮かんでるかと思う位、断崖絶壁(だんがいぜっぺき)にあるバーなんですね。
このような素敵!?な場所でゆっくりカクテル飲んで過ごすのも素敵です♪

実際に行かれた方のtwitterを紹介します。

バリ島で1番有名なバーで、この絶景はお二人の一生の宝ものになりますよ♪
新婚旅行先に選んでもらえれば、絶対に後悔はさせません。

アヤナリゾート&スパの場所はこちら!

ウブド地区

田園と渓谷などの山が好きな方は、是非ウブド地区でホテルを選んだください。
ウブドの大自然のエネルギーを受けられて、きっと明日への活力をたくさん吸収できますよ♪

実際に行かれた方のつぶやきがこちら。

今、ウブド地区で大注目のアクティビティの「Bali Swing(バリ・スウィング)」があるんです。
自然と一体になれる「リアルハイジ」体験が出来るなんて、素敵じゃないですか!


公式サイト:バリ・スウィング

バリ・スウィングの場所はこちら!

日本では中々体験できないアクティビティなので、揺られながらウブド地区の雄大な自然を眺めて、「くちぶえはなぜ~とおくまできこえるの~」と歌っちゃいましょう♪
これであなたもハイジになれましたね。

 プランナー

大自然を目の前に見ながら、写真を撮ってもらいましょうね。

「Bali Swing」の入場料とブランコ代で約2,400円になります。

送迎も付けると約3,000円です。

4位 情熱の国 スペイン

ヨーロッパの南西部に位置しており、温暖な気候なので比較的過ごしやすい国がスペインです!
TBS系バラエティー番組で、有名女優さんが見事なスペイン語を披露していて、それを見てスペインに興味を持った方が多いのではないでしょうか。

  • 旅行日数:8日
  • 予算:84万~90万
MEMO
スペインは、観光メインのため予算を多めに見ています。

国が広いので、移動距離が比較的に長くなるということも関係しているんですね。

そのため、繁忙期になると、1人20万円程(2人で40万円程)の追加は覚悟すべきです。

スペインの食事は日本人の口に合いますし、フラメンコ・サッカーなど現地で是非体験していただきたいエンターテインメントが溢れている国です。
ここに新婚旅行で行ったら、帰ってきたころには陽気なラテン系のようになっていますよ♪

マドリッド

2019年に日本人の若手選手が、銀河系軍団と呼ばれる、この街がホームの「レアル・マドリード」と契約したことで話題になりましたよね♪
バルセロナ」との試合は「エル・クラシコ」と呼ばれ、全世界が注目する試合なので、中々チケットは取れません。

ですので、チャンスがあれば新婚旅行に組み込んで、お二人で超熱狂の試合を体験してくださいね。
この写真は、レアル・マドリードのスタジアムの外観です。

引用:レアル・マドリード公式HP

マドリードの地下鉄「サンティアゴ・ベルナベウ」駅を降りたらすぐ目の前に、この巨大なスタジアム「サンティアゴ・ベルナベウ」がそびえ立っています。
他に、マドリードには見るべきスポットがありますが、一番ここがおすすめです。

サンティアゴ・ベルナベウの場所はこちら!

実際に行かれた方のつぶやきがこちら。

この方も感じた、スタジアムの大きさを体感してください。
レアル・マドリードの試合を観るたびに、あのチームのスタジアムに行ったんだよって自慢出来ちゃいますよ。

 プランナー

もし試合を観戦しなくても、「ベルナベウ・ツアー」という、スタジアム内を見学できるツアーがあります。

チケット代金は約2,200円で、12月25日と1月1日と試合中以外は入場できるんですよ♪

バルセロナ

スペインと言ったら、この建物が有名ですよね!
永遠に完成しないだろうと言われている「サグラダ・ファミリア」は、このバルセロナに存在しています。

サグラダ・ファミリアの場所はこちら!

バルセロナは、サグラダ・ファミリア以外にも旧市街のゴシック建築と、新市街のビル群の混在した独特の町並みが素敵で、それが魅力となって人気なんです。

他にもう一ついいですか!?
バルセロナと聞いたら、サッカーチームの「バルセロナ」が超が付くほど有名ですよね。

機会があれば、このチームの試合も組み込めたらいいですね。

新婚旅行でスペインを選択したら、是非2回目の訪問を検討してみてくださいね。
スペインの魅力は1回来ただけでは、足りません♪

5位 雄大な自然が素敵 オーストラリア

オーストラリアには、たくさんの観光スポットがあります!
その中で、新婚旅行の行先として人気があるのがケアンズなんです。

  • 旅行日数:5日
  • 予算:66万~72万

人気の理由が、そのケアンズから世界最大のサンゴ礁地帯として知られている世界遺産「グレート・バリア・リーフ」が近いからなんです。

グレートバリアリーフはまさに海洋生物の楽園!世界中のダイバーが一度は訪れたいと思う憧れのスポットなのです。


公式サイト:オーストラリア政府観光局

ご覧ください!
クマノミが主人公のディズニー映画・ファインディングニモのワンシーンのような、この世のモノとは思えないような綺麗な光景が見られます。

ダイビングされる方は、このような素敵な訪問者に出会えたら幸運です。

グレート・バリア・リーフのエリアはコチラ!

この地図からだとどこからどこまでか分かりませんが、この地図の真ん中付近の海がグレート・バリア・リーフ一帯です!
大きさは日本列島が、すっぽり入る大きさだと思っていただいて構いません。

グリーン島

そのグレート・バリア・リーフの中で観光客から1番人気のある島が、「グリーン島」なんです。
ケアンズからとても近くて、高速船で45分程あれば到着します。

グリーン島の場所はこちら!

グリーン島の周りで泳ぐことも良いですが、海以外にもかなり楽しめる施設の数が結構多いんです。
ケアンズに行かれるなら、是非グリーン島に行ってください!

写真はそのグリーン島なんですけど、島の周りの岩みたいなのが世界遺産のサンゴ礁なんです。
このようになっている場所で泳げるなんて、とっても素敵じゃないですか!

バリ島ではハイジの歌を歌いましたが、ここでは「うみはひろいな~おおきいなぁ~♪」がピッタリ
都会のビル群の夜景とは違った絶景が、海の中で二人を包み込んでくれて、帰国した後もその光景はずっと記憶に残りますね。

6位 常夏のパラダイス グアム

日本から4時間弱のフライトで行けるので、とっても身近なリゾート地です。
そのため、新婚旅行として選ばれる方が多いんですね。

  • 旅行日数:5日
  • 予算:44万~64万

年間気温が平均26℃と、とっても過ごしやすく、お二人でのんびりされるのがおすすめです。
それに、予算を低く抑えられるので、現地で豪華で贅沢な旅にすることが可能!

恋人岬

グアムを新婚旅行に行かれる方には、是非行っていただきたい場所があります!
それは「恋人岬」なんですよ。

この場所をバックに写真を撮るしかないですよね!
この二人の愛を示す場所で、二人の絆はより強いものになると感じられます。

恋人岬の場所はこちら!

ここはグアムで1番有名な観光スポットになっていて、しかも随一の絶景スポットでもあるんです。
なぜ恋人岬と呼ばれるのかというと、それはスペイン統治時代の悲恋伝説に由来しています。

スペイン統治時代に、チャモロの美しい娘が、結婚を迫るスペイン人総督から逃れ、チャモロ人の恋人と永遠の愛を誓い、髪を結びあってこの岬から身を投げた、という悲恋伝説からこの名が付けられました。 タモン湾の北端に突き出す岬で、グアムのシンボルともいえる観光のハイライトです。海抜123メートルの断崖になっており、展望台からは、タモンの美しい海岸線をはじめ、イパオ岬、オロテ岬までを一望のもとに見渡すことができます。

引用:恋人岬公式HP

そんな悲しい伝説があったなんて…。
でも、そんな彼らの分もという訳でありませんが、恋人岬に来たら二人で幸せを分かち合ってみましょう☆

MEMO
営業時間は7:00~19:00

展望台入場料:約330円(6歳以下無料)

歴史のあるこの恋人岬にお二人で行って、「ハートロックウォール」と呼ばれるフェンスに、ハート形の南京錠を掛けてきてください!
二人の関係が、より強いつながりが持てたはずですよ。

こちらのつぶやきをご覧ください。

ハート形の南京錠が、いろいろな場所にされていますね。
きっとここに来る先輩カップル達は、永遠の愛を誓い合ったのでしょうね~♪

是非そんなベタな事(笑)をしてきてください。

 プランナー

ハート形の南京錠には、お二人の名前と願いを書いて、カギをちゃんとかけてきてくださいね♪

7位 ほほえみの国 タイ(プーケット)

プーケットはタイで最大の島になり、美しい海が目の前に広がる世界有数のリ
ゾート地なんです。
気候も年間通して、夏服で過ごせるので日本人に人気のエリアになんですね♪

  • 旅行日数:5日
  • 予算:46万~54万
MEMO
予算の違いは、ホテルのランクの違いになります。

もし予算が許すなら、ランクが高いホテルを選択してください。

それと、繁忙期の場合は1人10万円程(2人で20万円程)の追加となりますが、おすすめ時期に行くなら追加しても良いかと考えます。

パトンビーチ

プーケットの中でおすすめするのが「パトンビーチ」です。
5km以上もある白砂のビーチで、プーケットと言ったらこのビーチという方が多いんですね。


引用:【公式】タイ国政府観光庁HP

写真を見ると、かなり遠くまで砂浜が広がっていますね♪
リゾート地に来たらのんびりすることをおすすめしていますが、やはりここでものんびりすることをおすすめします(笑)

パトンビーチのエリアはこちら!

のんびりも良いけど、もっと遊びたいって方には、海のアクティビティもやってみてください。
アクティビティの種類が豊富なので、何をしたいか決めていくのが吉です。

パトンビーチから見えるサンセットってこんなに綺麗なんですね!

こんな素敵な光景を見られるなんて、なんだから分かりませんが涙が出てきます♪
新婚旅行の全ての時間が、素晴らしい時間なんだって感じられますよね。

8位 エンターテインメント大国 アメリカ

アメリカで新婚旅行として人気の行先は、何といっても「ウォルト・ディズニー・ワールド」なんです!

  • 旅行日数:5日
  • 予算:66万~92万
MEMO
予算の幅が他の旅行先に比べて広いのは、ホテルが人気のディズニーホテルか、それ以外かで料金が全然違ってきてしまうからなんです。

それに加えて、繁忙期になると、閑散期の2倍ほどに金額が膨れ上がってしまうです。

テーマパークなので、仕方がないのかも知れません。

本場のディズニー・ワールドはとんでもなく広く、5日間の滞在でも回り切れないといわれています。

それが理由かどうかは分かりませんが、新婚旅行で本場のディズニーワールドを満喫したいって夢を持っている方が多いのです。

そんなに広いというなら、どのくらいなのかお教えしますと。
ざっと、山手線内の面積の1.5倍の広さがあります。

 新郎

山手線内の敷地を5日で回れないのは分かるけど、その1.5倍って言ったらもう想像できないね!

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(フロリダ)

ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートには、テーマパークが4つウォーターパークが2つと、様々なアクティビティを体験できる施設が揃っています。

MEMO
テーマパーク(4つ)

  • マジックキングダム・パーク
  • エプコット
  • ディズニー・ハリウッド・スタジオ
  • ディズニー・アニマル・キングダム

ウォーターパーク(2つ)

  • ディズニー・ブリザード・ビーチ
  • ディズニー・タイフーン・ラグーン

余りにも広すぎるので、ちょっとだけご紹介しておきます。
ディズニー・ハリウッド・スタジオの中に、あるエリアが出来たんです。


引用:【公式】フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート

それは実物大の「ミレニアム・ファルコン」が出迎えてくれる「スター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ」が2019年8月にオープンしました!
日本にはないエリアで、スター・ウォーズ大好きっ子には興奮しかありません!!!

インスタ映えするスポットばかりなので、写真を撮りまくるチャンスです。
ですが、お持ちのメモリーカードだと何枚撮影できるか気にしてくださいね(笑)。

きっと足りなくなります♪
本当はもっともっとご紹介したいのですが、ランキングが8位なのでここまでとします。

他にどんなエリアがあって、どういうアトラクションがあるのか気になっちゃいますよね!?
そのウズウズを何とかしたいなら、新婚旅行の行先にしちゃってください

ウォルト・ディズニー・ワールドの場所はこちら!

ウォルト・ディズニー・ワールドに行くなら、予算と相談して、このホテルに泊まることを強くおすすめします。
アフリカの大自然を、ホテルのロビーや客室から見ることができるなんて、素敵以外の言葉が出てきません

 

この投稿をInstagramで見る

 

y.s(@mmreallv)がシェアした投稿

客室から、キリンが見られるって中々体験できないですよね。
帰国して、ディズニー・ワールド行ったという話になると、どこに泊まったかって話に必ずなります。

そんな時、ここに泊まったという話をしてあげましょう!
行ったことの無い方だったら、目を輝かせて色々質問攻めに合います

ディズニー・アニマルキングダム・ロッジの場所はこちら!

9位 ノスタルジック ベトナム

新婚旅行の行き先として、最近ベトナムを選択されるカップルが増えてきています。
インスタ映えスポットが多数治安の良さ、低予算で結構贅沢ができる事などがあげらるからなんです。

  • 旅行日数:5日
  • 予算:44万~68万
MEMO

ベトナムは、ホテルのランクで予算が変わってきます。

それに加えて、繁忙期にベトナムを選択すると2倍以上も予算が変わってしまいます。

ベトナムは物価が安いので、閑散期に出発して、現地で贅沢するために予算を使う事をおすすめします。

あいぽん

治安は良いけど、他の新興国と同じで、スリには注意が必要ですよ。

フーコック島

フーコック島という島が、ハネムーンで行かれる方にとって最近人気が出てきています。
それは何と言っても、アクセスの良さです。

離れ小島であるにもかかわらず、旧首都のホーチミンから国内線で1時間程という場所にあるんです。

フーコック島の場所はこちら!

その島の南部と北部にビーチがあるのですが、新婚旅行で行かれる方は是非北部のビーチに行ってください。
南部は比較的現地の方が多くいるエリアになっていて、北部はプライベートビーチがあってとってもおすすめです。

新婚旅行って特別なので、非日常的な時間をプライベートビーチで過ごせるなんて素敵過ぎます。
それに、ベトナムで最も美しいといわれるサンセットを見ることができる場所なので、それも人気の一つなんです!

インスタ映えスポット多数とは言いましたが、No.1スポットを見つけちゃいましたね。
新婚旅行で、こんなに素敵な夕陽を見たらもう何もいらないです(笑)

ベトナムは物価が安いので、日本だったら高いなって思える事でも全然いけるんです。
なので、この機会に女子が大好きエステ、ネイルなどの自分へのご褒美を存分に楽しんでください!

 新郎

オレもエステ一緒に行って、受けてもいいよね!?

 プランナー

もちろん一緒に受けてください。

エステで、本当に優雅な時間を体験できます。

10位 ザ・おしゃれ フランス

フランスと聞くと、「おしゃれ」や「すてき」や「トレビアーン」ですね♪
この国は観光スポットがたくさんあるので、8日間の新婚旅行では、全ての魅力に触れることはできませんよ。

  • 旅行日数:8日
  • 予算:90万~100万
MEMO

やはり観光地が多いフランスなので、移動時間が長くなり、ホテルのランクも高い所が選ばれるため予算はかなり高めです。

それにフランスに行くと、現地でお買い物もしたくなるので、最低でも100万円近くの予算は見てください。

それに見合ったものを、フランスで体験できますから!

エッフェル塔

フランスを新婚旅行に選んだら、まずはパリが行先として一番メジャーですよね!
そのパリの象徴が、この塔なんです。

世界遺産に登録されていて、1日に平均2万5千人も入場する世界で最も多くの人が訪れる有料建造物となっています。
是非その入場者数に貢献しましょう!

展望台は3つあって、最も高い第3展望台は276.1mあります。
入場者数に貢献したなら、最高到達点を目指したくなりませんか。

そこから眺めるパリの町並みはとっても綺麗ですよ。
高い所が苦手な方はごめんなさいですが、エッフェル塔から見られるパリの光景を、写真に残しちゃいましょう。

エッフェル塔の場所はこちら!

近くには、日本人ならほとんどの方が知っている川が流れています。
フランスと言ったら?」という質問を受けたら必ず出てくる「セーヌ川」なんです。

日本に帰ったら、写真を見せて、「この川はな~んだ?」ゲームをしてみてください(笑)
大概の方が、待ってましたと言わんばかりに「セーヌ川」と答えちゃいますよ。

モン・サン=ミッシェル

フランスに来たら、ここは外せません!
というか、ここに必然的に来てしまいます(笑)

引用:モン・サン=ミシェル公式サイト(フランス語)

フランスの西海岸のサン・マロ湾上に浮かぶ小島で、この写真を見てもらうと一番上にそびえているのが修道院です。
当然モン・サン=ミシェルも世界遺産(文化遺産)に登録されているんですね。

モン・サン=ミシェルの場所はこちら!

この島の周辺は、遠浅の干潟に周りを囲まれているので、潮の満ち引きで全く違う顔を見せてくれます
満潮の時は、橋まで水没してしまうので、会場に浮かぶ孤島になるんです。

体力ある方は、歩いて渡るコースがあるので検討してみてください。
干潮の時に岸から陸続きとなるので、歩いて渡るツアーが開催され、それに是非参加してみましょう!

限られた時間にしかできないこのツアーを体験したら、自慢になりますよ。
結構歩きますが、一緒に渡った二人の絆はより強く結ばれますね。

まとめ

  • 新婚旅行はリゾート地を選ばれる方が結構多い
  • イタリアとハワイの人気は不動
  • 東南アジアを選択するカップルが徐々に増えている
  • 買い物をしたい方は、一人最低でも20万円を用意

条件を指定して、ランキング形式でおすすめ旅行先をご紹介させていただきました。
新婚旅行ということで、ホテルの部屋のランクが高いため、普通の旅行より高い価格設定になっています。

もしもっと予算を出せるようでしたら、長時間フライトになるので、プレミアムエコノミー以上で行かれるのが良いでしょう。

それでは、お二人の未来に幸あれ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です