ブライダルフェアをはしご!?目指せブライダルフェアの達人!

ブライダルフェアいいですよね!

素敵な建物や美味しい料理。
彼との将来をしっかり考えてられそう♪

こんな素敵な時間ならずっと続けばいいのに!

・・・そんな乙女心を爆発させているあなたに朗報です。
ブライダルフェアってはしご出来るんです!

しかし、居酒屋のはしごと違うので前もって知っておかないといけない知識があります。
知識がないままブライダルフェアをはしごしてしまうと、失敗して焦ってしまったり、恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

そうならない様にいろいろ役立つ情報まとめてみました。
最後まで読んでブライダルフェアの達人になってみて下さい☆

ブライダルフェアをはしごするメリット・デメリット

ブライダルフェアをはしごして得られる1番のメリットは、当日の記憶がはっきりとした状態で比較検討することが出来るということです!

ブライダルフェアに参加して得られる情報の多くは感情的なものです
綺麗だった、美味しかった、楽しかった・・・

だからこそ記憶が新鮮なうちにブライダルフェアをはしごする。
それはとてもいいことなんです!

しかし、ブライダルフェア1つ参加するのに約3時間程度かかります。

1日24時間、計算してみて下さい。
限られた時間の中で、回れるブライダルフェアは限られてくるはずです。

無理やり詰め込んだブライダルフェアに時間に追われながら参加して楽しめますか?

 あいぽん

時間に追われるとなかなか集中出来ないのよね・・・

きっと、疲れた印象しか残らないでしょう
そんなことにならないように、ブライダルフェアについて簡単にまとめてみました☆

所要時間と種類について

ブライダルフェアの平均的な所要時間は約3時間程度なのですが、内容に違いがある為所要時間にバラつきがあるんですよ!

まずはどんなブライダルフェアがあって何をするのかをしっかり頭に入れましょう☆

 プランナー

いろんなブライダルフェアに参加することがお二人のいい思い出になるんですよね♪

どんな種類のブライダルフェアがあるのか知っておこう

ブライダルフェアと言っても種類はさまざま!
あなたの参加したいフェアはどれですか?

私はもちろん全部ですね☆
こんな演出があるんだ!こんな料理がでるんだ!などなど。

ブライダルフェアでいろんな感動を見つけたいですよね♪

見学会

ブライダルフェアの中でも一番ポピュラーなもの。
言葉の通り会場の見学を行うブライダルフェアです。

会場の広さや立地、雰囲気などパンフレットやインターネットでは分からない細かいところを見ることが出来ますよ!

所要時間は2~3時間程度

夜の開催もある為、平日の仕事終わりに予定を合わせて参加出来ます。
なのであまり時間が取れない方におすすめです!

試食会

一番人気なのがこの試食付きのブライダルフェアですね!

実際に結婚式で出される料理を食べることが出来るので、デートとして利用するカップルもいると聞きました。

試食会の所要時間は約1時間程度ですが、いろいろな様式で開催されるのでプレート料理からフルコースまで、開催される様式で違いますよ。

中にはシェフが直接説明してくれることもあるので、ただ食べて終わりと言うわけでは無い場合もあります!

模擬挙式

模擬挙式ではモデルカップルによる挙式を参列者として見学する事が出来ます!

友人や親戚の挙式とは違い、いろいろな細かい部分を第三者の目線で見れるというのはすごく参考になるなって思いました。
本番と同じ流れで進むので、より具体的なイメージをする事が出来ますね☆

所要時間は2~3時間程度。

自分たちの理想の挙式を見つける為にも色々なパターンの模擬挙式に参加してみるといいですよ!

模擬披露宴

実際にモデルカップルが行う披露宴を見学したり、人気演出の紹介や体験をすることが出来ますよ

ブライダルフェアによってさまざまな演出を体感する事が出来るので、自分たちのやりたい演出気になる演出のブライダルフェアに参加するのがおすすめです!

そして、模擬披露宴には食事会がセットの場合も多いので、事前に確認しておきましょう☆

所要時間は1時間から4時間とバラつきがある為、注意が必要ですね!

試着会

式場に準備してあるドレスを試着出来るブライダルフェアです。

結婚式といえばドレス!特に女性には特別なものですよね?
小さな頃からの憧れたあのウエディングドレスを試着する事が出来ますよ☆

しかし、あくまで試着です。
選んで着ての作業でもなかなか時間が掛かりますよね。

所要時間は1時間程度、試着のスピードにもよりますが1~2着程度だと思って下さい。

和装の場合
ほとんどのブライダルフェアが私服の上から羽織ることが多く最後まで着る事は少ない為、希望する場合は事前に確認が必要

相談会

ほとんどのブライダルフェアに含まれる相談会。
一体なにを相談するのだろう?と疑問に思われる方もいるかと思います。

では相談会とは何か!ズバリ・・・商談です!
相談会=プランナーさんとの商談ということですね。

式場側が無料で行う様々なフェアはこの相談会への集客イベントと考えるべきでしょう。
ですので、軽い気持ちで参加するとしっかり商談されて嫌な思いをするかもしれません。

しかし、そこで出会ったプランナーさんとの相性は今後計画を進める上で非常に大切な事なので、あなたがプランナーさんを選ぶ気持ちで行った方がいいですよ☆

また、分からない事、気になる事はここでしっかり聞いておきましょう!

ブライダルフェアで一番肝心な部分の相談会、しっかり準備して挑みましょうね♪

所要時間は1~2時間程度ですが、プランナーさんとの相性次第かもしれません!
相性が合わない人との会話って続かないですもんね。

逆に盛り上がって長くなるパターンもありので、少し長めに見積もってスケジュールを組んだ方がいいと思いますよ♪

 プランナー

お二人のイメージをしっかり教えて下さい! 某CMの様に目からビームは出ませんが一生懸命提案させてもらいます!!

各ブライダルフェアの所要時間

これまでお話した所要時間について、すべて表にまとめてみました☆
この表をみながらスケジュールを組んでみましょう!

見学会 2~3時間程度
試食会 1時間程度
模擬挙式 2~3時間程度
模擬披露宴 1~4時間程度
試着会 1時間程度
相談会 1~2時間程度

どのブライダルフェアにも最後に相談会が付いて来ることが多いので、予約の際に何時頃に終わるか確認しておいたほうがいいですよ。

ブライダルフェアをはしごするためのスケジュールと失敗例

ここから本題ブライダルフェアのはしごについてまとめてみました

ブライダルフェアは時間がかかります
そして参加すると分かる緊張感疲労感

結構体力使いますよ?

そこで私のおすすめは1日で2件のはしごプランです
それはなぜか、答えは簡単!時間に余裕が出来るからです!

午前中に1件ブライダルフェア参加して少しゆっくりしてから2件目のフェアに参加する。
それぐらいの余裕が無いとブライダルフェアがトラウマになるかもしれません

具体的なスケジュール例

これはあくまで一例です。

あなたが参加したいブライダルフェアを探してより効率的なスケジュールを組んでみて下さいね♪

ブライダルフェアをはしごするメリットそれは記憶が鮮明なうちに比較検討出来ること
それを忘れてブライダルフェア楽しかったで終わってしまうカップルも多いらしいです

何のためににブライダルフェアに参加するのか。そこをもう一度抑えていきましょう!

ブライダルフェアの失敗例

  • スケジュール組みは完璧だったのに・・・
    ブライダルフェア参加スケジュールは完璧だったのに、最後の営業を断れなくて次の会場に間に合わなかった。
    →プランナーさんにスケジュールを伝えて意思表示をしっかりするといいですよ♪
    それでも営業されるときはしっかり断りましょう!
  • 予約を詰めすぎて・・・
    ブライダルフェアを1日に4件回る予定を立てたけど思うように行かず最後のフェアには参加出来なかった。
    そしてただ疲れて何も覚えていない。
    →そもそも4件回るスケジュールが間違い!1日2件がおすすめですよ☆
  • ブライダルフェアに行き過ぎて・・・
    何件ものブライダルフェアに参加して、営業の電話が毎日かかってくる。
    →相談会の時点で断りをいれておくか、電話でまだ検討したいと伝えましょう♪
  • 見積額を見て彼が引いてしまった・・・
    あれもしたい!これもしたい!魅力的演出がいっぱいあるからと出てきた見積800万円
    →両親や友人、経験者の意見を参考にしてゼクシィなどで相場などを調べておきましょう!

 

などなどブライダルフェアでの失敗談はよく耳にします!
そのほとんどがただ何となく前準備もせず参加してしまった結果が多いですよ

でも、前準備て何するの?って思いますよね!
そうだろうと思ってちゃんとまとめておきましたよ☆

ブライダルフェアに行く前に・・・

前準備をせずにブライダルフェアに参加して彼とケンカした!
なんて話を耳にしたことがありますよ。

そんな悲劇を回避する為にも前準備が重要です!
ただ突然前準備と言われても困りますよね?

これを準備しておけば大丈夫☆
あなたも立派なブライダルフェアの達人ですよ♪

 あいぽん

せっかくのブライダルフェア楽しまなくっちゃ♪

二人のイメージ共有

『結婚式』と一言で言ってもいろいろな種類がありますよね?

綺麗なお姫様のイメージ可愛いかったり、中にはカッコいい感じにしたいなど、100組のカップルがいれば100個の挙式があります。

しかし、意外と盲点なのがカップルですら、結婚式へのイメージが違うということ!

大半の人が「彼女の意見を尊重してあげなさいよ!」というでしょう。私もそう思います。
きっと優しい彼の事です。「あなたのしたいようにしていいよ」って言うでしょう。

ただ、ちょっと考えてみてください!結婚式の参列者の半分は彼の親戚、知人なんです。

ね?イメージの共有の重要性が分かりましたか?
小さな火種が大きな炎になる前に、二人で最初にイメージを共有してみて下さい。

 新郎

主役は奥さん!・・・分かってはいるんだけどなぁ

ゲスト数や希望日を決める

具体的な日取りやゲスト数をこの段階で決めるのは難しいですよね。
だから、あくまで目安になる数字を決めておきましょう☆

相談会の際に必ず質問されるはずですよ。
なぜなら季節や日程でさまざまな事情が変わってくるからです。
ハイシーズンはやはり金額も高くなりやすいですし、希望人数が収容出来る式場が無いなんてこともあるかもしれません。

事前に把握しておくことで無駄に時間を使わなくてよくなります。

ポイント
六曜と言いう吉凶を定める六つの日その中でも大安や先勝、友引などを結婚式に選ぶことが多いので希望日は被る事が多い

挙式費用

目を背けたくなる挙式費用、魅力的な演出や料理たちと出会う前に決めておきましょう。

先ほど説明した通り、結婚式といってもさまざまです。
あんなことやこんなこと・・・魅力的な演出がたくさん。

「君のやりたい様にしていいよ!お金は僕に任せておいて♪」
そんな彼に出会えていれば・・・

なんて、この時ばかりはそう思ってしまうかもしれません(笑)
ただ現実はそんなに甘くありません。

だからこそ予算を話し合って決めておくことが大事です。
あんまり無茶すると結婚した後の生活に響いてくるかもしれませんよ?

 あいぽん

金銭感覚って結婚した後、とっても大事みたい!!

ブライダルフェア何着て行く?必要なものは?

ブライダルフェアと聞いてお客様気分で参加してしまうと失敗してしまうかもしれません。
気持ちとしては敵情視察をするスパイの様な気持ちで参加してみましょう♪

そう考えると、手ぶらは流石にまずいよな~って思いますよね?
では、どんな服装で何を持って行ったら有益な情報を得られるか考えてみましょう!

服装は相手の両親と初めて会う時の気持ちで

ブライダルフェアにドレスコードは基本的にありません。

そのせいで多くの人が悩んできました。
逆に決めておいてもらった方がだと私は思いますね。
「普段通りでいいですよ。」の優しさに悩まされます!(笑)

でも、1回2回行ってみると分かりますが、結構みなさん本当に普段着で参加されています。
なので、重く考えなくて大丈夫ですよ。

ただ、普段着とはいえ、1度だけサンダルに短パンの石〇純〇さん風の男性を見ましたが、ご本人がやけに恥ずかしそうされていた様な気がします。

あなたもそんな思いはしたくないですよね?

ヒントとしては相手の両親と初めて会う時の緊張感を思い出してみましょう

張り切ってブライダルフェア用に服を準備する必要はありませんが、自分の持っている服の中で出来るだけ相応しいコーディネートをして見て下さいね☆

 プランナー

ほんとに普段着でいいですよ♪
(恥ずかしくない普段着なら・・・フフフ)

フェアに合わせた持ち物

フェアによって必要なものが少し変わります。
スケジュールを組む際に一緒に準備しましょう!

ブライダルフェア全般で必要なもの

  • デジタルカメラ(スマホでも可)
    式場や料理などのイメージを頭の中だけでなく、写真に残して見返すため
  • カバン(大きめのもの)
    当日はパンフレットや見積書などいろいろ持ち物が増えるため
  • メモ帳と筆記用具(A4サイズぐらいが理想的)
    小さいメモ帳だと単純に書きにくく、家に帰って読み返しずらいため
  • 歩きやすい靴
    当日は思った以上に歩くので、疲れたり足を痛めないため
  • 非常食
    小腹が空かない様にするため

試着会などであると便利なもの

  • 靴下やストッキング
    試着会でヒールに履き替える時などに使うため
  • 肩ひもが見えない下着
    ドレスをより具体的にイメージするため
  • 髪止めやヘアゴム
    衣装に合わせて髪の毛をまとめるため

試食会などであると便利なもの

  • ウェットティッシュ
  • ハンドタオルやハンカチなど

相談会などであると便利なもの

  • 理想の演出などのイメージ写真
    プランナーさんとのイメージ共有するため
  • 他会場のパンフレットなど
    比較検討するため

以上が服装と必要なものですが、一番大事ことがあります。

それはブライダルフェアに参加して何を得るか、何を得たいか。
そんな心構えが大事だと私は思いますね!

 あいぽん

慣れて来れば自分たちに何が必要か分かるから、最初はちょっと持って行き過ぎぐらいが丁度いいかもね!

でも肝心のブライダルフェアってどうやって探したらいいの?て思いますよね。
そんな方はこちらでわかりやすく説明しているので、是非読んでみて下さい☆

ゼクシィ・マイナビウエディング・ハナユメ・スマ婚の4つを比較

まとめ

  • はしごするメリットは鮮明な比較検討
  • デメリットは時間がかかる
  • ブライダルフェアには種類がたくさんある
  • 参加する前に決めておかないといけないことがある
  • 服装と持ち物に注意
  • 時間に余裕のあるスケジュールを組む
  • 失敗談がたくさんある

ここまで読んで頂いてありがとうございます。

ブライダルフェアをはしご出来そうですか?
何事も準備が大事という事は分かりましたよね!

この記事の中ではブライダルフェアの失敗例についてもいくつかお伝えしてきましたが、前準備についてここまで読んだあなたなら、ブライダルフェアで失敗はしないんじゃないかな、と思います☆

これを読んで素敵な思い出をブライダルフェアで作ってみて下さい!

あなたの結婚式がなによりも素敵なものになる様に♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です