ブライダルフェア1人で参加しても大丈夫?ポイントを徹底解説!

ブライダルフェア1人で参加

ご婚約おめでとうございます!
結婚が決まったら、これから結婚式の見学や予約をしていくのも楽しみですよね。
ドレスに料理に演出に、ワクワクしている人も多いと思います☆

サクサク式場見学して挙式日も決めたいのに、彼氏(彼女)と全然予定が合わない。
ブライダルフェアになかなか行けない。
というカップルは世の中多いんじゃないでしょうか?

その理由には、遠距離恋愛・仕事の休みが合わない・パートナーがブライダルフェアに乗り気じゃない等々。
事情は色々あると思います。

そんなとき、1人でもブライダルフェアに参加できれば、式場探しをスムーズに進めることができますよね☆

ですが、そうは思っても、1人でもブライダルフェアに参加して大丈夫なのかな?と不安になって、なかなか踏み切れない方もいると思います。
そこで、この記事ではブライダルフェア1人参加のポイントをお伝えします!
この記事を読めば、安心して1人でブライダルフェアに参加できるようになりますよ♪

1人でブライダルフェアに参加できるの?

1人でブライダルフェア参加できるの?

早速本題からいきましょう。

1人でブライダルフェアに参加できるのかというと・・・

はい、1人参加も歓迎してもらえます!
実際にブライダルフェアに参加してみると、新郎1人または新婦1人の参加者もあちらこちらに見かけますよ。

ブライダルフェアの案内に「お一人での参加も歓迎です」と書かれている会場もあります。
会場のスタッフも慣れているので、ちゃんと丁寧に案内してくれるので安心してください♪

多くの結婚式場で、ブライダルフェアではカップル1組につき1名のウエディングプランナーがつきます。
つまり、マンツーマンで、会場案内や説明をしてもらえるということですね☆
プランナーさんが一緒に会場を回ってくれるので、1人で参加してもポツンと寂しくなることはないですよ。

ブライダルフェアのサイトで「おひとり様参加」の検索もできる

プランナーさんが一緒にいてくれるとは言っても、1人でブライダルフェアに行ってプランナーさんに驚かれないか不安ですよね。
そんな方におすすめなのが、おひとり様参加の検索機能です☆

ブライダルフェアを探すときに、ぐるなびウェディングではこだわり条件で「おひとり様参加OK」を選択することができますよ。

おひとり様歓迎の式場が予約する時点で分かると1人参加でも安心ですよね。

ブライダルフェアお一人様参加ぐるなびウェディング

引用:ぐるなびウェディング

「おひとり様参加OK」にチェックを入れるだけなので、簡単ですね!
この「おひとり様参加OK」を選択して、東京のブライダルフェアを直近週末で検索してみました。
そしたら、なんと258件もヒットしました♪

ブライダルフェアの1人参加を歓迎してくれる式場が多いことが分かりますよね。
これなら、小心者の私でも参加できそうです!

 あいぽん

ブライダルフェアに1人で行くのって敷居が高いかと思ったけど、そうでもないんだね!

 プランナー

はい、緊張なさらず気軽に参加できますよ♪

1人で参加するブライダルフェアのメリット

1人でブライダルフェアに参加
ブライダルフェアの1人参加で、1番気になることは何ですか?

そう、人目ですよね。

「どう思われてるんだろう私・・・」なんて気後れする必要はありません!

自分で思うほど、周りはそれほど1人参加を気にしていないです。
「あ、彼氏は仕事で来れなかったのかな?」と思われるだけだと思いますよ☆

むしろ、ブライダルフェアに1人で参加することによって良いこともあるんです。
ここからブライダルフェアに1人参加ならではのメリット紹介していきますね。

プランナーに質問しやすい

初めての結婚式、分からないことだらけですよね。
パートナーが一緒にいると、実はプランナーさんに聞きにくいことってありませんか?

例えば、「結婚式のお金って、両家で折半するものなの?」とか、
「自分の方が友人を多く呼ぶことになりそうだけど、バランス的に大丈夫かな?」とか。

彼と意見が食い違っていることも、本人がいると聞きづらかったりしますよね。
1人で参加したときなら、「ちょっと気になるから聞いてみたいな」という質問もプランナーさんに気軽に聞くことができますよ。

結婚式を挙げるとなると素朴な疑問もたくさん出てくるので、色々質問できたら気持ちがスッキリしますよね!

ゆっくり会場を見学できる

結婚式場って、インテリアの1つ1つがオシャレで素敵なんですよね☆
1人で参加したときなら、写真を撮りながら納得がいくまで見ることもできます。

また、パートナーと一緒だと、ブライダルフェアのハシゴはちょっと提案しにくかったりしますよね。

でも1人なら、がんばればブライダルフェアの2件連続ハシゴもできそうですね!
「王道のホテルウェディングも素敵だし、邸宅風ウェディングも、レストランウェディングも気になる!」っていう時は、満足いくまでハシゴしてストイックに楽しむのもアリだと思いますよ♪

自分のペースで、サクサク会場見学を進めることができるのは、1人ならでは。
一生に一度の結婚式だから、式場もドレスも納得がいくまで一通り見てから決めたいですよね☆

式場候補を絞ることができて、結婚式準備の時短につながる

まずは、1人でブライダルフェアに行って、式場見学を済ませてくる。
そのあとは、パンフレットや撮った写真、見積書などを見せながら、パートナーに情報を共有する。

そして、自分もパートナーも心惹かれた会場は、後日2人一緒に改めて会場見学に行く。
そうすれば、2人で何ヶ所も回らなくても結婚式会場を絞ることが出来て、時短につながりますね!

2〜3時間かかってしまうブライダルフェアを苦手と感じる男性も、一定数いるらしいです。
「だったら私が会場候補を絞ってから、ブライダルフェアに一緒に行ってもらおう!」という考えも良いですよね!

 新郎

正直、仕事そんな休めないし、ブライダルフェアは時間が長くて苦手だから、会場いくつも回れないなぁ~

 あいぽん

じゃあ、私が1人でブライダルフェア行って、ある程度会場絞るから、そしたら一緒に行こう♪

 新郎

お!助かる~!

1人でブライダルフェアに参加するときに準備しておくこと

ブライダルフェア1人参加メモ

ブライダルフェアに参加すると、プランナーに希望の日程や挙式スタイルなどを聞かれます。
スムーズに答えられるように、あらかじめパートナーと相談しておくといいですよ。

2人で相談して決めておくこと
  • いつ結婚式を挙げたいか(季節や日取りなど)
  • 挙式のスタイル(チャペル式・人前式・神前式など)
  • 何人くらい招待したいか(結婚式場は、招待人数によって会場が変わる)
  • だいたいの予算
  • どんな結婚式にしたいか(やってみたい演出など)
  • こだわりたいポイント(料理・演出・衣装など)

結婚式の日取りは「大安」、「友引」、「仏滅」などの六輝(ろっき)によって、値段も変わってきます。
そこにこだわるかどうかも、決めておくといいですよね。

挙式のスタイルも王道のチャペル式もいいですが、参列者全員に証人になってもらう人前式も素敵ですよね!

友達の場合は、動画編集が趣味なので、「エンドロールは自作して結婚式で流したい」という演出の希望がありました。
動画持ち込み料の有無や、プロジェクターの貸出料を会場に確認していましたよ♪

これらの項目を決めておくと、具体的な見積もりを出してもらえます。

見積もりを出してもらえると、一気に結婚式が現実味を帯びてきますよね。
そして、覚悟はしていたけど、「結婚式って結構高いものなんだなぁ~」と実感します!

見積もりの金額を見てビックリしてしまうかもしれませんが、安心してください。
ブライダルフェアの特典や友達紹介、夏・冬のオフシーズン、日取り(仏滅)、挙式時間などで大幅に安くなることもありますよ。

友達の場合は、その式場で挙式した知り合いがいて、紹介してもらったら安くなったそうです。
予算に合った素敵な会場を見つけてきてくださいね♪

 あいぽん

今日行ったブライダルフェア、とってもステキだったの!雰囲気も予算も私の理想どおりだったんだよ~!

 新郎

ふむふむ。俺もこの会場好きだな。予算も合ってるし、今度は2人で行ってみよう!

1人で参加しやすいブライダルフェアは?

ブライダルフェア1人参加夜

ブライダルフェアは、おひとり様歓迎とは言われているものの、「実際に行ってみたらカップルだらけで寂しい思いをしてしまった」という声もあります。
そこで、1人でも参加しやすいブライダルフェアを紹介していきますね♪

平日夜のブライダルフェアは1人参加しやすい

1人で参加するなら、平日の夜に開催されるブライダルフェアがオススメです!
仕事帰りと思われる人が1人で参加しているケースも多いです。
また、土日開催のブライダルフェアに比べて人数が少なめなのも、予約が取りやすくて気軽に参加できますね。

土日は結婚式の合間に会場見学をするので、時間が限られていて慌ただしいこともあります。
それに比べて、平日の夜は結婚式の実施がほぼないそうです。
ゆっくり見ることができるのも嬉しいですね♪

模擬挙式や見学会は1人でも参加しやすい

模擬挙式は、新郎新婦役のモデルさんがチャペルなどで挙式を実演します。
参加者は、挙式に招待されたゲストのイメージで見学することができます。
これなら1人でも違和感なく参加することができますね。

結婚式当日は、自分もあの花嫁のようになるんだと思うと、身が引き締まるような思いになりますね♪

また、見学会は会場見学や相談が中心のため、イベント参加型のブライダルフェアよりも時間も短めに設定されています。
プランナーさんがマンツーマンでついてくれるので、1人でも気軽に参加できますね。

パートナーと2人で見学する前の”下見感覚”で、気軽に参加できるのは嬉しいですね!

試食会や試着会はハードル高め

試食会は、実際の披露宴会場で円卓で行なわれることもあります。
同じ円卓はカップルだらけで、みんな感想をいいながら仲良く食べていると、ちょっと寂しくなりそうですね。

試着会はせっかくドレスを着ても、見てくれる彼がいないと寂しくなりそう。

あ、でも当日まで彼にはドレス姿を内緒にする新婦さんもいますよね。
スタッフの方に写真を撮ってもらいつつ、ドレスを楽しむのも素敵だと思います!

 あいぽん

結婚式当日までドレスは秘密にしようかな?

 新郎

そしたら俺、当日に涙腺崩壊しちゃうかもよ?!あいぽんのドレス姿、早く見たいなぁ~♪

ブライダルフェアに1人参加するときの注意点

ブライダルフェア1人参加撮影

「1人で参加しやすいブライダルフェアも分かったし、早速予約してみよう!」と思ったあなた。
ちょっと待ってください!

あとでパートナーと喧嘩にならないためにも、気をつけて欲しいことがあります。
1人でブライダルフェアに参加するときの注意点を紹介しますね!

1人参加の注意点
  • 予約するときに1人で参加することを伝えておく
  • 写真を撮って、気づいたことはメモしておく
  • その場で契約はしない

ブライダルフェアの内容によっては、新郎新婦で参加前提のものもあります。
予約するときに1人で参加することを伝えておくとスムーズですね。

また、結婚式場って雰囲気が似ていて、多くの会場を回っていると思い出せなくなることも多々あります。
特に私は忘れっぽいので、覚えている自信が全くありません(笑)

あとでパートナーに報告できるように、できるだけ写真を撮り、メモを取っておくといいですよ☆
正確な情報をパートナーに共有できたら、会場を絞っていくのもスムーズに進みますよね。

そして最後に大事なのが、その場では契約しない!ということ。

プランナーは結婚式場の営業担当なので、お客さんには即決して欲しいのが本心。

「今日申し込みしてくれれば、ドレス代30万が無料になりますよ」などと、心が揺れる話をされることも。
私の友達は、うっかり内金を支払ってしまい、パートナーと揉めてしまいました。
せっかく頑張って行ったブライダルフェアが原因で喧嘩してしまったら悲しいですよね。

なので、今日は絶対契約はしないという意思を持って参加したほうが無難です!
どんなに気に入った会場でも一旦持ち帰り、パートナーと話し合ってから決めましょう

プランナーさんに勧められた時も、「パートナーに相談してから決めるので、今は即決できません」と伝えれば、プランナーさんもすぐに引いてくれると思いますよ♪

1人でブライダルフェアに参加した人の声

1人でブライダルフェアに行くのも、初めてのときは緊張しそうですが、すぐに慣れそうですよね。
実際に、ブライダルフェアに1人で参加された方の声を紹介していきます!

遠距離あるあるですよね。
彼氏さんも、結婚式準備を頑張ってくれてて素晴らしいですね。

たしかに緊張しますが、今はお一人様で色々やるのが多い時代♪
会場に入ってプランナーさんと話したら緊張もほぐれそうですね!

テーブルクロスと装花を決めるという明確な目的があれば、1人でも頑張れますね♪

まとめ

  • ブライダルフェアは意外と手軽に1人参加できる
  • 1人参加ならではのメリットもある
  • 挙式時期の希望など、パートナーと相談してから参加する
  • 平日夜のブライダルフェアや模擬挙式、相談会を利用する
  • その場で契約はせずに、持ち帰ってパートナーと相談する

ブライダルフェアに1人で参加、参加思ったよりハードルが低いですよね。
せっかくなので、1人でも堂々と楽しんじゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です