プロポーズ前でもブライダルフェアに参加したい!行ってもいい?

プロポーズ前にブライダルフェアに参加しても大丈夫?

プロポーズ前だけど、ブライダルフェアに参加してもいいのかな?
まだ具体的に結婚が決まったわけではないけど、ブライダルフェアに参加してみたい!
そう考えているカップルもいるのではないでしょうか?

ブライダルフェアって、婚約しているカップルばかりなイメージですよね。
軽いデート感覚でブライダルフェアに参加してもいいのか、不安になりませんか?

今回はプロポーズ前のカップルに向けた、ブライダルフェアの楽しみかたをご紹介していきます♪

プロポーズ前にブライダルフェアに参加しても大丈夫?

ブライダルフェアプロポーズ前に参加
ずばり、ブライダルフェアに参加する条件はありません
結婚式を挙げてみたいという意思があれば大丈夫です。
つまり、まだ具体的な結婚の予定がないカップルも参加することができます

 あいぽん

婚約しているカップルしか参加しちゃダメなのかと思ってた!

 プランナー

まだ具体的に結婚予定のないカップルも結構いらっしゃいますよ♪

実際に、プロポーズ前にブライダルフェアに参加されてる方もいらっしゃいますね。
彼との関係性も、前より良くなってるなんて素敵です。
結婚を意識し始めると、2人の愛もグッと深まりますね☆

プロポーズ前にブライダルフェアに参加するメリット

「デート感覚でブライダルフェアに参加したら、式場に迷惑じゃないかな?」と気にする必要はありません。
まだ婚約していないカップルがブライダルフェアに参加することで、良いことがあるんです。
ここから、プロポーズ前にブライダルフェアに参加するメリットをご紹介していきますね。

結婚への意識が高まる

ブライダルフェアに参加することで、結婚式の具体的なイメージがみえてきますよね。
そこから、あれよあれよと結婚を決めてしまうカップルも結構いるらしいです。

プロポーズ前にブライダルフェアに参加されて、そのまま式場予約された方の声です。
プランナーさんから毎月手紙が届くなんて、心がこもっていて素敵☆
結婚式って、周りの人から祝福されて、本当に幸せを実感しますよね。

「幸せ」といえば、既婚者男性の先輩が「もう一回結婚式を挙げたい」と話していたので、理由を聞いてみたんです。
すると「みんなに祝福してもらえる人生最高の日だったから」と言っていましたよ。
それを聞いて、私はやっぱり友達を呼んで結婚式したいなと思いました♪

結婚への意識が高まると、こんないいことも

さて、ブライダルフェアに参加して、挙式時期や招待人数などの希望の条件を伝えると、見積もりを出してもらえます。
見積もりを出してもらうと、挙式や披露宴にどのくらいお金がかかるのか、具体的に見えてきますよ。
貯めないといけないお金もはっきり分かりますよね。

友達カップルの場合は、ブライダルフェアに参加するようになってから、お金への意識が変わったそうです。
外食中心だったデートをお家デートに切り替えて、結婚資金を貯めることに成功!

ブライダルフェアをきっかけに、結婚する時期を考えたり、お金の意識が変わったりします。
結婚に向けて何をするべきか考える良いきっかけにもなりますよね。

 プランナー

いよいよ自分が花嫁になるんだと思うと、気持ちも高まりますね
人生がいい方向に進み始めて、ワクワクしちゃいます。
日々のお仕事や家事もモチベーションが上がるかも!

ブライダルフェアを機にプロポーズしてもらえることも

プロポーズ
結婚についてあまり深く考えていなかった彼も、ブライダルフェアをきっかけに結婚を真剣に考えるようになるそうです。
ついに、待ちに待ったプロポーズをしてもらえるかもしれません。

プロポーズ前にブライダルフェアに参加して、フレンチレストランでプロポーズしてもらえそうな雰囲気!
ドキドキしてしまいそうです。
ブライダルフェアからのプロポーズという流れも素敵ですね。

友達の話ですが、なかなかプロポーズしてもらえないと悩んでいた彼女がいました。
ブライダルフェアに参加したら、彼も真剣に考えてくれるようになり、無事プロポーズしてもらえたんです♪

 プランナー

いつプロポーズしようかと悩んでいるパートナーの方にとっても、いいきっかけになるそうですよ

長く付き合っていると、マンネリしてきて、いつ結婚できるんだろうと不安になりますよね。
果たして私の結婚相手は、今の彼なのか、そうじゃないのか?
そんなときは、思いきってブライダルフェアに誘って、彼の反応を見てみましょう。

ブライダルフェアをきっかけに、プロポーズしてもらえるかもしれません。
もう今までのように「いつ結婚できるんだろう?」などとモヤモヤすることもなくなりますね。

ブライダルフェアって何をするの?

ブライダルフェアは、普段のデートで行っても大丈夫だと分かりました。
ここからは、ブライダルフェアの醍醐味をお伝えしていきますね。

試食会やウエディングドレス試着会に参加してみよう

ブライダルフェアのお楽しみといえば、やはり試着と試食じゃないでしょうか?

ウエディングドレスは女子の永遠の憧れですよね。
彼もタキシードを試着して、お互い惚れ直しちゃうかも!

そして、豪華なフルコースが無料で楽しめるのもブライダルフェアならでは。
ブライダルフェアに参加してみると、自分の結婚式で大切にしたいポイントが見えてきます。
「ここの式場の雰囲気と料理最高!ここで結婚式したい!」と感じたら、もう式場選びが始まってますね♪

 あいぽん

憧れのウエディングドレスが試着できて、今日は幸せ~!

 新郎

ブライダルフェアに参加したら、早く結婚したくなってきたな!

結婚式は早期予約がお得

結婚式は半年~1年後の予約をとるカップルが多いそうです。
1年後といえども、気候の良い時期は予約がどんどん埋まってしまいますよ。
「もっと早くから式場を見ておけば良かった!」と後悔しないためにも、早めにブライダルフェアに参加するのがおすすめです。

早めに予約をすると、早期予約特典で大幅割引があることも多いんです。
結婚式準備に早めに取り組めるのもいいですよね。
仕事しながらの結婚式準備は大変なので、予約時期が早ければ余裕を持って用意できますよ。

プロポーズ前にブライダルフェアに参加するときの注意点

プロポーズ前にブライダルフェアに参加するときの注意点

プロポーズ前にブライダルフェアに参加しても大丈夫だから、早速予約してみようというあなた。
ちょっと待ってください。

ブライダルフェアに参加するときに気をつけて欲しいことがあるので、ここからお伝えしますね♪

組数限定のイベントは避ける

ブライダルフェアは、「3組限定の試食会」など、参加人数が限られているイベントもあります。
具体的にまだ結婚の予定がないのであれば、組数限定のイベントは避けた方が無難です。
真剣に式場を選んでいるカップルの邪魔にはならないようにしたいですね♪

あまりにも結婚への意識が低いと、プランナーさんに伝わってしまいます。
せっかく時間をとっていくのですから、自分達に合ってるブライダルフェアを選びましょう。
周りのカップルとの温度差を感じてしまって、逆に結婚が遠のく・・・みたいな事態は避けたいですもんね。

ブライダルフェアは最後まで参加する

意外と拘束時間が長いブライダルフェア。
会場見学、模擬挙式、試食会にドレス試着会等・・・で3時間を超えてしまうことも多いです。
中には、半日がかりなブライダルフェアもあります。

思ってたのとちょっと違うかも?と思ったとしても、途中で帰るのはマナー違反です。
なるべく最後まで参加するようにしましょう。

もし、長時間はちょっと厳しいかも・・・と思うなら、そういう方におすすめのブライダルフェアがあります。
時間が短めなコンパクト版のブライダルフェアがあるので、探して参加してみてはどうでしょうか♪
「仕事帰り」、「夜間開催」、「忙しい人向け」、「見学会」は、時間が短いものが多いですよ。

今回は、マイナビウエディングのブライダルフェア検索で、フリーワードに「クイック」と入れて検索してみました。
そうしたら直近の土日で、東京だけでも37件ヒットしましたよ。

プロポーズ前のクイックブライダルフェア

引用:マイナビウェディング

忙しいカップルにも嬉しいクイック相談会は、直前でも予約できます。
短時間のブライダルフェアは、サクッと見てみたいカップルには助かりますね。

その日に契約はしない

プランナーさんは式場の営業担当なので、なんとか成約してもらおうと必死です。
「ブライダルフェアに参加した日に契約してもらえれば、料理が無料でグレードアップできますよ」など、魅力的なサービスを言われるかもしれません。

ですが、プロポーズ前なのであれば、お互いの結婚する意思があるか確認しておかないと後々トラブルになりかねませんね。
その日に契約はしないのが無難です。
「まだ結婚について親とも話せていないので、今日は契約できません」など、ちゃんと理由を言って断りましょう。

プロポーズ前にブライダルフェアに参加した人の声

ここからは、プロポーズ前にブライダルフェアに参加された方々の声を紹介していきます♪

プロポーズ前にブライダルフェアに参加して、あれよあれよとそのまま結婚が決まるケースですね。
結婚式当日にプロポーズしてもらえるんでしょうか♪

無料試食目当てでブライダルフェアに参加されるケースです。
試食目当てと言いつつも、ちゃんと式場絞って理想のスタイルが決まってきているようですね。
参加するごとに目が肥えてきて、自分の好きなスタイルや式場がはっきりしてきますよ☆

税金が上がるからその前に結婚式しよう!というのも良い口実(?)ですね。
本契約のあとにプロポーズ、キュンキュンします☆

まとめ

  • プロポーズ前でもブライダルフェアは参加できる
  • 結婚式を挙げてみたい気持ちがあれば、誰でもブライダルフェアに参加できる
  • ブライダルフェアに参加してみると結婚への意識が高まる
  • 気持ちが高まっても、その日に契約はしないほうが無難

プロポーズをはっきりとしない奥手な彼も、一定数いる気がします。
飲み会などで既婚者の男性に「プロポーズの言葉は?」とよく質問してみているのですが・・・
その答えが「プロポーズしなかったけど、気づいたら結婚していた」という人もいるからです。

まずは、彼女のほうからブライダルフェアに誘って、反応を見てみるのがいいと思います。
彼の反応が悪くなければ、結婚が嫌ではない証拠ですよね。
じわりじわりと結婚へ持って行くのもありですね!

そして、奥手男子には、彼女の方からの逆プロポーズも素敵だと思います。
だって、男だから女だからという時代はもう終わったと言われてますもんね。

みなさんが幸せな結婚式ができるように、陰ながら応援しております☆
ブライダルフェアも結婚式も、楽しんでくださいね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です